クラシックカー界の2021年カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは?|第11回ヒストリック・モータリング・アワード受賞者発表【後編】

Octane

これまで前編中編の2回にわたって2021年のクラシックカー界の受賞者たちを紹介してきた。最後は車部門の受賞者紹介だ。栄えある「カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた車両は、果たして...?



ビスポークカー・オブ・ザ・イヤー
フェラーリ330 LMB(byベル・スポーツ&クラシック)

フェラーリ330 LMBは4台しか造られなかった。これに比べれば250 GTOも大量生産に思えるが、GTOのレプリカは数多いのに対し、LMBは今も幻のままだ。そこでエド・カーターは、放置されていた車両をドナーにしてレプリカの製作を依頼したが、完成を待たずに2015年に亡くなった。これをほぼ一から再開したのがベル・スポーツ&クラシックだ。気の遠くなるような細部へのこだわりと複雑な作業の末に完成に漕ぎつけ、スタッフの幅広い才能を証明した。

特別推奨
1961年ロールス・ロイス ファントムVジェームズ・ヤングのEV化(byルナズ)

次点
トゥーリング・スーパーレッジェーラ・アレーゼRH95
イソ・リヴォルタGTZ
チェイヴィック・ロードスター


レストア・オブ・ザ・イヤー
メルセデス・ベンツ300 SL“ガルウィング”

1955年、ソフィア・ローレンは、未来の夫である映画監督のカルロ・ポンティからメルセデス・ベンツ300 SLガルウィングを贈られ、大切に使った。数人のオーナーを経て、2019年にこれを購入したスイス人コレクターのダニエル・イゼッリが、HKエンジニアリングにレストアを依頼。ボディを取り外すフルレストアが始まったが、期間はわずか4カ月で、締切厳守が求められた。サンモリッツでの氷上イベントで、最初のオーナーと再会する予定だったからだ。Covid-19のためソフィア・ローレンとの再会はかなわなかったが、驚くべきレストアが実現した。

次点
アストンマーティンDB4シリーズ5(byウダム・モーティマー)
アストンマーティン・ブルドッグ(byクラシックモーターカーズ)
ジャガーEタイプ・シリーズ1 FHC(by EタイプUK)
マルティニ・ポルシェ936(byマクステッド-ペイジ)

翻訳:木下 恵 まとめ:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事