ショパールとポルシェの"本当に特別な"関係

企業どうしのコラボレーションやパートナーシップは古今東西のマーケティング戦略上、さまざまな形で行われている。だが、ショパールとポルシェの関係においては、単にマーケティング戦略のためだけとは言い難い、特別なものが感じられる。

_NKJ2882.jpg

まず第一に、ショパールのオーナーファミリーが個人的にポルシェが大好きだということ。家族経営で知られるショパールが、家族同様にライフスタイルの一部として大切にしている存在がポルシェなのだという。

モータースポーツをこよなく愛し、ヴィンテージレーシングカーのコレクターでもある、ショパールの共同社長カール‐フリードリッヒ・ショイフレ氏は、ポルシェとそのレジェンドにはひときわ熱い思いを抱いているそうだ。これまでにも彼の傍らに、かの有名なジャッキー・イクス氏がたたずむ場面が幾たびもあり、自らポルシェ 550 スパイダーを操って有名なミッレ ミリアレースに毎年参加している。

その熱意を証明するかのように、2014年にポルシェ モータースポーツがFIA 世界耐久選手権 (WEC)に参戦することを決めた際には、「オフィシャルタイミングパートナー」としてパートナーシップを結ぶことを即座に決定。その際にはカール‐フリードリッヒ・ショイフレ氏が「情熱と高性能はポルシェの象徴であり、これこそ、我々がポルシェと完全な一体感を感じられる価値観です。ショパールは、ポルシェのル・マン復帰のお役にたてることを誇りに思います」とコメントしている。

_NKJ0617.jpg

2017年10月に行われた2017 FIA 世界耐久選手権 第7戦となる富士6時間耐久レースに際し、ポルシェ側の関係者も交えて取材を行った際の会話の端々からもその深い関係性を推し量ることができた。中でも印象的だったフレーズが「Your business is my business」。このフレーズを聞いて想像したことは、両社がとてもポジティブで良好な関係を築いていること、そして共通の将来の目標、価値観を共有しているであろうこと。ビジネス上のパートナーとして以上の、ファミリーともいうべき特別な関係を築いているといえるのではないだろうか。

_NKJ2485.jpg

2017年の富士でのレース、LMP1クラスでは残念ながらポルシェチームの勝利はならなかった。2017年限りでWECからの撤退を表明しているポルシェだが、来季以降はどんな形でショパールとのコラボレーションを見せてくれるのか、今から楽しみである。


スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HF エディション
~モータースポーツへの強い愛と、厳しい条件をクリアするハイクオリティなものへの愛を共有~

Superfast Power Control Porsche 919 HF Edition - 2 - Black - 168593-3001.jpg

高いパフォーマンスを体現
ショパールが、WECにおけるポルシェの活躍の数々を称えるために発表した限定シリーズ。2015年と2016年に919 ハイブリッドにより2連覇を成し遂げたポルシェのレーシングカーへのオマージュとして、オールブラックの高振動クロノメーターに、その特長を詰めこんだものである。ショパールとポルシェ モータースポーツ両メーカーの特長である、高いパフォーマンスを体現した賜物といえるだろう。

似通った技術
ポルシェ 919のシャーシは、非常に軽量で、硬度の高い、アルミニウムと炭素繊維複合材料からなる。スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HF エディションは、超軽量で着け心地がよく、耐久性の高いビーズブラスト加工のチタンを利用。ブラックDLC加工により、さらにこの特性は高められている。ショパールがスーパーファストウォッチに用いている技術は、ポルシェ 919に用いられる技術と極めて似通っている。

ポルシェ 919は2L、400馬力のV4ターボエンジンと、連結された500馬力の電気モーターを搭載。キャリバーChopard 01.11-Mもまた、ハイブリッドだ。2種類の素材を組み合わせ、フルリエ・エボーシュのアトリエで、開発、製作、組立ての全工程が行われている。真鍮とステンレススティールからなり、中心は、シリコン酸化物の脱進機となっている。919のターボは、抜群の加速力の電気モーターにより、最高出力に保たれるが、キャリバーChopard 01.11-Mもまた、極めて高い8Hzの振動数を誇る。ショパールだけが使いこなすことができる技術である。

振動数は毎時57,600回。通常はこれほど高い振動数の場合には、エネルギー消費が増え、パワーリザーブが落ちてしまうものだが、本機は約60時間のパワーリザーブを誇る。WECで受けるであろう衝撃や振動からも、キャリバーChopard 01.11-Mの精度は守られる。

Superfast Power Control Porsche 919 HF Edition - 4 - Black - 168593-3001.jpg

鋭敏なデザイン
大ぶりな直径45mmケースのクロノメーター。ベゼルは、ブラックPVD加工が施されたステンレススティール製の8つのねじで固定されている。スケルトンで超軽量、コントラストが効き、視認性に優れた大きなつくりの針。エンジン回転計のようなアラビア数字の目盛り表示、非常に細かいミニッツトラック、インデックス、日表示、パワーリザーブインジケーター全てが、マットなブラック文字盤にホワイトで表示され、コントラストの効いた創りとなっている。

文字盤は、スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HF エディションを定義する4つのシグネチャーを有している。一つ目は、バトン型でストレート、明瞭に記された「Chopard」ロゴ。二つ目は、クロノメーター表示。スイス公認クロノメーター検定局(COSC)の認定を受けたムーブメントを搭載している証であり、ショパールとその共同社長カール‐フリードリッヒ・ショイフレが常に追求し続けるクロノメーター精度の証でもある。三つ目は、高い振動数のショパールウォッチを特徴づける、ホワイトのH型と矢印型の表示。最後に、レッドの地色にホワイトで書かれた「919」の数字。この100本の限定シリーズにインスピレーションを与えたポルシェ 919 ハイブリッドを想起させる数字である。

他にも、919の巨大なスリックタイヤ同様に、すべすべとしたラバー製ストラップを有していたり、キャリバーChopard01.11-Mはモーターにインスピレーションを受けて仕上げられていたりするなど、細かいディテールの随所にスーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HF エディションのスポーツ精神が反映されている。

スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HF エディション
100本限定
価格:¥1,850,000 (税抜)


スーパーファスト クロノ ポルシェ 919 エディション
~革新的な精神に溢れるふたつの企業が出会う時、そこには驚くほどのパワーが生じる~

Superfast Chrono Porsche 919 Edition - 2 - Black Background.jpg

ポルシェの耐久レース復活を称えて
ポルシェのハイブリッドモデル919に捧げて発表されたスーパーファスト クロノ ポルシェ919 エディション。このモデルは、レーシングカーのデザインを取り入れた外観と、COSC(スイス公認クロノメーター検査局)認定という特徴を備えた気品あるフライバック クロノグラフ。限定エディションとして登場するこのタイムピースの製造数は、モデル名も示す「919」本である。

ポルシェのレーシングカーのように優れた特徴をもつスーパーファスト コレクションは、モーターレース界独自の特徴を取り入れながら、あらゆる"最高級"の要素を集約させている。このモデルはまた、限界を超えるために新しい手法や革新的な素材を試す試験台でもあり、それはポルシェにとってカーレース‐Lab for our visions (私たちのビジョンのための実験室)‐と完全に一致するものであるという。

Superfast Chrono Porsche 919 Edition - 1 - Black Background.jpg

スピードを愛する人のためのタイムピース
直径45mmのステンレススティール製ケースが存在感を示すこのクロノグラフにはフライバック機能が備えられ、その内部ではCOSC(スイス公認クロノメーター検査局)の認証を受けた自社製機械式ムーブメントキャリバーChopard03.05-M が時を刻む。ムーブメントとローターは"Official Timing Partner Porsche Motorsport"の文字が刻まれたサファイアクリスタルから眺めることができる。また、ポルシェ919 ハイブリッドからインスピレーションを得た、文字盤上のストライプがレーシングカーの後部ディフューザーを想起させ、一方9時位置に配された積算計の赤い長方形に記された"919"の数字が、ポルシェスポーツカーのナンバーを示している。そしてラバーストラップは、スリックタイヤに着想を得てデザインされている。

エレガントで力強いこのスーパーファスト クロノ ポルシェ 919 エディション、ポルシェのイメージと同様の独創的な特別感を際立たせる。919本の限定モデル、スピードを愛する人に捧げたい。

スーパーファスト クロノ ポルシェ 919 エディション
919本限定
価格:¥1,410,000 (税抜)

問合せ:ショパール ジャパン プレス
URL:https://www.chopard.jp/

RECOMMENDEDおすすめの記事