RM 07-01 ブラックセラミックス ジェムセット

リシャール・ミルのレディスウォッチである「RM 07-01」から、セラミックケースにダイヤモンドをセットした新作「RM 07-01 ブラックセラミックス ジェムセット」が登場。2018 年 1 月にジュネーブで開催される SIHHで発表される予定だ。

RM07-01-ブラックセラミックス-ジェムセッaト.jpg

「時計のF 1 」とも称され、超精密機械式腕時計を生み出すことで知られる、スイスのエクストリーム・ウォッチブランド「リシャール・ミル」。複雑なメカニズムはもちろん、ケースの素材にはチタンやカーボンTPTなど、さまざまな先進素材を用いてきたことが特徴だ。

「カーボンTPTにジェムセッティングに成功した後、別の新素材への挑戦を試みました。」と語るジュエリー技術主任セシル・ゲナが選んだのは、ブラックTZPセラミックスと呼ばれる新素材。超微粒子から形成されたこの素材は、驚異的な硬度と傷に対する耐性を有するとともに、完璧な仕上げとマット感を誇る。その一方でベゼルとケースの複雑な形状を実現するには、長時間に渡る繊細な切削とショットピーニング工程と、各面を手作業でポリッシュする職人の腕が欠かせない。

マットブラックのセラミックとダイヤモンドという組み合わせはコントラストがきわめて美しいが、まだ誰も実現したことが無かったという。ダイヤモンドのセッティングは、素材へ直接「ミトレラージュ(機銃掃射)」という加工を行う事で実現している。

ブラックセラミックスとレッドゴールドのケースには、地板とブリッジにグレード5チタンを用いた自動巻きキャリバーCRMA2を搭載。18K5Nレッドゴールド製の可変慣性モーメントローターは、ユーザーに合わせて調整する事が可能。5Nレッドゴールド製文字盤にはブラックオニキスとダイヤモンドが用いられ、先進技術を実現したベゼルの意匠に合わせている。

RM 07-01 ブラックセラミックスは、2018 年 1 月にジュネーブで開催される国際時計見本市 SIHH (ジュネーブサロン)で発表される予定。価格等の詳細な情報は、それまでしばらくお待ちいただきたい。

リシャール・ミル公式ページ:http://www.richardmille.jp/

RECOMMENDEDおすすめの記事