-CAR- update

ランボルギーニのエンジンを搭載したF1マシン ミナルディM191Bが26年の時を経て再びレースに参戦

ランボルギーニのV12エンジンLE3512を搭載し、1992年のF1で注目を集めたシャシーナンバー003のミナルディM191Bが、26年の時を経て再びサーキットに戻ってきた。

515241_v2.jpg

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセが主催したシェイクダウンは、90年代初めにランボルギーニのF1プロジェクトで活躍した元ランボルギーニの技術者たちの協力の下、ランボルギーニ・ポロストリコが行った綿密なレストアによって実現されたのである。

ミナルディM191B #003は、ポロストリコが初めて復元したフォーミュラカーであり、サンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ・ミュージアムで展示後、7か月間の修復作業でほとんどのオリジナルパーツをそのままに、元の性能を取り戻した。タイヤ、燃料タンク、ECU、シートベ ルト、消火装置は取り替えられたが、マウロ・フォルギエリが設計したエンジンをはじめとするその他のパーツは丁寧にレストアされている。12気筒のLE3512は今もなお700HP近くを発揮し、ファンはF1の黄金時代の感動を味わえるのだ。

515236.jpg515235.jpg

今回の華々しい復活の場に、ドライバーを務めるミルコ・ボルトロッティとジャンカルロ・ミナルディが主賓として迎えられた。ファエンツァを拠点とするチームの創設者であるミナルディは、1992年のシーズンを通して続いたランボルギーニとの提携を次のように振り返った。「25年から30年前のモデルは、テレメトリーやATが登場する前の最後の世代の車で、今見ても心が躍ります。エンジンは、今でも徐々に大きくなるノイズが往年の素晴らしい時代を思わせるとともに、低回転から強大なパワーを発揮する柔軟さを備えていました。」

515234.jpg

ジャンニ・モルビデリとクリスチャン・フィッティパルディの両ドライバーに託されたミナルディM191B #003は、1992年のグランプリ・レースの序盤戦に参戦した後、同じくランボルギーニのエンジンを搭載するM192に後を譲ることとなる。

515243_v2.jpg28歳のイタリア人ドライバー、ミルコ・ボルトロッティ

ポロストリコがレストアしたこの1台のかつての最高位は、スペイングランプリでクリスチャン・フィッティパルディが達成した11位。再びレースに戻る準備も整い、今後は往年のF1マシンが競うチャンピオンシップに参戦する予定となっている。テスト結果も良好で20周以上の走行も問題なく、ランボルギーニのエンジンも、1993年にエストリルのテスト走行でアイルトン・セナが感心したというランボルギーニ エンジンの様々な性能を完全に息を吹き返したのだ。

ランボルギーニジャパン  https://www.lamborghini.com/jp-en/