CHRONO

-CHRONO- update

マクラーレンとコラボレーションしたリシャール・ミルの新作ウォッチ

2018年3月8日~3月18日に開催されたジュネーブ・モーターショーでは、リシャール・ミルとマクラーレン・オートモーティブが初のコラボレーションウォッチを発表した。

RM11-03_McL_front_strap_1800.jpg

今回、マクラーレン・オートモーティブCEOのマイク・フルーウィット氏と、リシャー ル・ミルCEOのリシャール・ミル氏によって発表されたのは「RM 11-03 オートマ ティック フライバッククロノグラフ マクラーレン」。マクラーレン・マシンのデザインや超軽量化を可能にするテクノロジーを取り入れた最新モデルで、美しく画期的なプロダクトに仕上げられている。

RM11-03_McL_caseband_1800.jpg

マクラーレン デザインディレクターのロブ・メルヴィル氏とリシャール・ミルのエンジニアであるファブリス・ナムラ氏のコラボレーションにより実現した RM 11-03 マクラーレンは、マクラーレンのデザインから発想を得た点が複数ある。

マクラーレンのブランドカラーである"オレンジ"を本モデルのボディーカラーに採用したのをはじめ、たとえば、ケース横のチタン製プッシャーはMcLaren 720Sの「ヘッドランプ」から、ベゼルに埋め込まれたチタンパーツは、マクラーレンF1の「吸気口」から、グレード5チタンの製リューズはマクラーレンの「軽量ホイール」からインスピレーションを受けている。

RM11-03_MCL_RM11-03_McL_back_1800.jpg

もうひとつ注目すべきはボディの素材だ。採用されているのは「オレンジクオーツTPT®」と「カーボンTPT®」を織り合せて制作した特別なもの。優れた耐性と軽量性はそのままに、オレンジカラーを織り交ぜることで、より印象深いフォルムに仕上がっている。

なお、この新作ウォッチは「マクラーレン アルティ メットシリーズ」の購入者に優先して購入券権が与えられるといい、なんと購入した車両のシリアルナンバーと同じシリアルナンバーのウォッチが確保されているのだという。発売は、2018年の夏頃を予定している。

RM 11-03 オートマ ティック
フライバッククロノグラフ マクラーレン
自動巻き(Cal.RMAC3)、約55時間パワーリザーブ、
ケースサイズ49,94mm×44,5mm、ケース厚16,15mm、
オレンジクオーツTPT®xカーボンTPT®ペゼル、カーボンTPT®ケース、
50m防水、ラバーストラップ、世界限定500本、
2018年夏頃発売予定、予定価格:2130万円(税抜)

リシャール・ミル ジャパン 
Tel: 03-5807-8162
URL: http://www.richardmille.jp/