GOLF

-GOLF- update

リシャール・ミルの秒針が奏でる "セレナーデ"

2017年ヨネックスレディースゴルフトーナメントで、プロ初優勝した青木瀬令奈プロ。高いフェアキープ率とパッティングが得意な彼女は、2018年6月、リシャール・ミルと契約を交わした。

リシャール・ミルが契約するプロゴルファーといえば、バッバ・ワトソン、宮里優作、クリスティー・カーという各ツアーを代表するといっても過言ではない選手ばかりだ。日本人女子プロゴルファーとして初めて契約をした青木プロ、リシャール・ミルが彼女の才能と可能性を認めたといっていいだろう。

IMG_0402.JPG

何故ならリシャール・ミルは、腕時計ブランドとして唯一無二の存在というだけではなく、アスリートの将来性を見抜く力に秀でており、まだ名前も知られていない頃のバッバ・ワトソンや、1勝を挙げたばかりの宮里優作と契約を交わし、彼らがその後勝利を重ね、トッププロの階段を駆け上がったのは有名な話だ。小柄ながらも切れのいいスイングと、その容姿からは想像もできない強い闘志を持った彼女に、リシャール・ミルが何かを感じたことは間違いない。

青木プロが試合中に腕に装着するモデルは、「RM 07-01 カーボン TPT? チタニウム」(彼女は白ラバーストラップ仕様)だ。プレー中でも違和感なく、スイングを一切邪魔することがないこのモデルは、彼女の存在感をより一層際立たせることだろう。

青木プロの名前「瀬令奈」は「セレナーデ」が由来である。セレナーデは女性を称える楽曲とも言われるが、彼女が右手首につけるリシャール・ミルが、これからも未来への時を刻むとともに、セレナーデを奏で続けてくれるはずだ。

青木瀬令奈選手 着用モデル
「RM 07-01 カーボン TPT® チタニウム」
自動巻き(自社開発キャリバーCRMA2)
サイズ:45.66×31.40×11.85㎜
カーボン TPT®×チタンケース
カーボン TPT®ダイアル
ラバーストラップ(青木選手は白ラバー仕様)
価格:7,900,000円(税抜)