LIFE/CULTURE

-LIFE/CULTURE- update

伝説のレンズ、ライカ タンバール M f2.2/90mm が復刻

伝説のレンズ「タンバール」が現代に蘇った。独特のソフトフォーカス効果とボケ味をそのままに、デザインにはより現代的なアレンジが加えられている。

「ライカ-タンバールM-f2ad.jpg

ライカは、レンジファインダーカメラ「ライカ Mシステム」のレンズラインアップを拡充する新レンズ「ライカ タンバール M f2.2/90mm」を発表した。このレンズは、1935 年に製造されたタンバールの復刻版で、独特のソフトフォーカス効果とボケ味などの光学設計をそのままに、現代的なデザインにアップデートしている。この復刻版オールドレンズは、さまざまな状況下での写真撮影に適し、独特で魅力的な雰囲気のポートレートを写しだすことを運命づけられたかのように、撮影後のデジタル処理では出せない魅力を持ちあわせている。

「ライカ-タンバールM-f2ddc.jpg

新しいタンバールは、オリジナルレンズとほぼ変わらない光学設計と特性が受け継がれている。唯一異なるのは3群4枚のレンズで、現在は環境による影響や腐食から保護するためレンズの表面にシングルコーティングが採用されている。また20枚の絞り羽根によって、完璧な円形をした独特のボケ味が生みだされる。

「ライカ-タンバールM-f2.jpg

さらにこの復刻版タンバールは、オリジナルレンズと同様のレンズ構成およびブラックペイント仕上げと赤と白2色の絞りの刻印を採用している。一方で、ローレットやレタリングや目盛表示のほか、レンズ設計の高精度さを強調するため特別に採用されているシャープなエッジ部分と面取り加工など、現代的なディテールも追加されている。

「ライカ-タンバールM-f2az.jpg

「ヴィンテージブラウン」のレザー製で丈夫なレンズケースのデザインは、80年前のオリジナルを隅々まで再現。センタースポットフィルターが安全かつ手軽に収納できる点も過去のデザインと同様だ。

「ライカ タンバール M f2.2/90mm」は、ライカストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて2017年11月から発売される予定。詳しくはライカ公式ページよりご確認いただきたい。