LIFE/CULTURE

-LIFE/CULTURE- update

LA FESTA MILLE MIGLIA 伝説の競技に想いを馳せる

堺 正章 X 増田 晴男  X Mille Miglia(ミッレミリア)

8 - GPL DSJ 1956 Mille Miglia,  Moss & Jenkinson - Maserati  4.jpg

1927年から1957年まで、30年間に渡って開催された伝説の公道自動車レース。イタリア北部のブレシアを出発。そのまま南に下り、フェラーラ、サンマリノを経てローマへ。そしてローマからはさらに北上して、ブレシアへ戻る。イタリア全土をくまなく走り廻ることから付けられた名称が「1000マイル」である。

開催当時、欧州メーカーはこぞって自社マシンのパフォーマンスを誇示する場所としてミッレミリアに大きな力を注いだ。参加チームはマセラティ、アルファロメオ、ランチア、オスカ、OM、スタンゲリーニ、フィアット、ブガッティ、アストンマーティン、ベントレー、MG、メルセデス・ベンツ、アウトウニオン、ルノーなど。第二次世界大戦前には国を挙げての支援を施すほどの熱の入れようだった。だが世界大戦の勃発により1941年から1946年までは開催は中断。ただ終戦わずか2年後の1947年には早くもミッレミリアは再開されることになる。そこにはチシタリアやジャガー、フェラーリ、ポルシェ、ペガソ、サーブといった、戦後の新興ブランドが数多く参戦。1957年に観客を巻き込む大事故が発生し、やむなくイタリア政府は以降のレース開催の中止を命じたものの、1977年には、当時参戦した実車とその同型車のみが参加できるタイムトライアル方式のクラシックカーレース、ミッレミリア・ストーリカ(Mille Miglia  Storica)として復活を果たした。


さて、日本で開催されているラフェスタ ミッレミリアとは一体どういうものなのか。

1992 la festa.jpg

1992年にフジテレビジョンの事業部が、本国ミッレミリアを招き、「La Festa  Mille Miglia」を開催したことに端を発する。当時はイタリア本家ミッレミリアに出場していた50台のクラシックカーを欧米から空輸。日本から参加の10台を合わせた計60台での開催となった。その企画を果たした人物こそが、現在ラフェスタ・ミッレミリアを主催するフォルツァの増田晴男である。当時フジテレビジョンにいた増田は1989年に本国ミッレミリアを視察。90年には番組作りを通じて親交のあった堺正章氏にリポートを依頼。そしてついに1991年には、コ・ドライバーとして堺正章氏がイタリア本国のミッレミリアに参戦することになる。

p4a.jpg

1997年、ヴェテランカークラブ東京の事務局長を担っていた増田晴男がフジテレビジョンから独立し、日本で唯一国際クラシックカー連盟から公認を受けた本格的なクラシックカーレースとして、新たに「La Festa Mille Miglia」を開催することになった。

p1-2.jpg

現在日本では数多くのクラシックカーイベントが開催されているが、その中でも最も権威のある、日本を代表するクラシックカーラリー、ラフェスタ・ミッレミリアについて、堺正章氏と増田晴男氏のお二人に立ち上げからの想いと、これからについて語っていただいた。

123