LIFE/CULTURE

-LIFE/CULTURE- update

"ペーパークリエーター"が創り出す、理想の手帳

布地のクリエーターがいるのであれば、紙のクリエーターという職業があっても不思議ではない。事実、エミリック・ティビエルジュは1987年に"クレアチュール・ド・パピエ"="ペーパークリエーター"として紙をデザインする仕事をスタートし、世界の名だたるブランドの包装紙や用箋といった紙の創作を行ってきた。

life_170925_Le Carnet (1).jpg

さらに、自身が納得のいく洗練されたペーパー小物を創り出すために、エメリックは"ペーパラブ・リ /ティビエルジュ・パリ" 社を2014年に創設する。2016年にはオリジナルの手帳"ル カルネ"が登場。使用されている用紙は、毎年夏にノルマンディーで収穫される亜麻から作られた世界で最も薄いライティングペーパーだ。麻の繊維が紙を丈夫にすると共に、独特の柔らかな風合いを与え、ペンの運びを滑らかに、他では味わうことのできない書き心地を実感することができる。

life_170925_Le Carnet (2).jpg

life_170925_Le Carnet (3).jpg

外観やギミックも特徴的だ。特許を取得したマグネットバインディングで2冊のリフィルの交換が自由自在。用途や好みに合わせてリフィルを選ぶことができる。手帳の綴じ方も独特の方式が用いられており、初めて開いたときには、その平らな開き方に驚嘆するかもしれない。これも"ペーパークリエーター"ならではの視点から生み出されたものである。

life_170925_Le Carnet (4).jpg

life_170925_Le Carnet (5).jpg

手書きの良さを大切にしつつも、現代のデジタル化に対応する仕組みも備えられている。各ページにはQRコードがあり、専用のスマートフォンアプリを通してメモやスケジュールを簡単にデジタル化。画像として保存できるほか、SNSでも共有することが可能になった。

life_170925_Le Carnet (6).jpg

2018年版からは手帳内側にカラーが施された新ラインも登場した。いずれもフランスの粋を感じさせる色合いで、シックで個性的なカラー展開となっている。女性のみならず、男性の利用者が多いというのも納得がいく。

life_170925_Le Carnet (7).jpg

life_170925_Le Carnet (8).jpg

2017年10月から年末にかけては全国の様々な店舗でプロモーションやPOP-UPが開催されるという。紙の風合いや手帳全体が醸し出す質感を感じられる絶好の機会、是非"ル カルネ"を実際に手に取ってみていただきたい。

Le Carnet
Le Carnet 08・16 29,000円(税別)
Le Carnet 08・16 カラーガーメント 35,000円(税別)
 リフィルのサイズ:8×16cm
 ノートリフィル 5,000円(税別)、2018年ダイアリー 5,750円(税別)

Le Carnet 12・19 39,000円(税別)
Le Carnet 12・19 カラーガーメント 46,000円(税別)
 リフィルのサイズ:12×19cm
 ノートリフィル 6,250円(税別)、2018年ダイアリー 7,500円(税別)

life_170925_Le Carnet (9).jpg

取り扱いショップ
伊勢丹メンズ館8階 常設コーナー

伊勢丹新宿本館5階パーソナルスルーム
POP-UP:10月4日(水)~10月17日(火)まで

阪急メンズ大阪1階特設スペース
POP-UP:10月18日(水)~10月24日(火)まで

和光4階
POP-UP:10月26日(木)~11月8日(水)まで

玉川タカシマヤ4階
POP-UP:11月1日(水)~11月14日(火)まで

ISETAN SALONE MEN'S 丸の内
プロモーション:11月15日(水)~12月25日(月)まで

松屋銀座 2F インターナショナルブティック 特設スペース
POPUP: 11月22日(水)~12月5日(火)まで

公式サイト:https://jp.thibierge-paris.com/ja/
Facebook:https://www.facebook.com/ThibiergeJapan/