LIFE/CULTURE

-LIFE/CULTURE- update

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017 開催決定

2017年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)の3日間、恵比寿ガーデンプレイス内「ザ・ガーデンホール」をメイン会場として「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017」が開催されることが発表された。

モントルー・ジャズ・フェスティバルはスイス、レマン湖畔の街モントルーで1967年にはじまった音楽の祭典。毎年7月の上旬から中旬にかけて行われるこのイベントには、例年25万人を超えるファンが足を運び、ジャズ、ロック、ブルース、レゲエ、ソウルなど、さまざまなスタイルの音楽を世界の一流アーティストたちが上演。現在では欧州最大規模のライブ・イベントとして、世界中の音楽ファンから注目を集めている。

日本ではモントルー・ジャズ・フェスティバルと連携しながら、独自のプログラムで2015年に東京開催をスタート。上質で刺激的なライブを体感できる都市型の音楽フェスティバルとして、今回3度目の開催を迎えることになった。

life_170625_montreuxjazz (1).jpg

初の東京開催となった2015年には、ジャイルス・ピーターソン、アール・ジンガー、シャソル、モッキー、TOSHIO MATSUURA presents HEXといった、クロスオーバーなジャズシーンを牽引する人気アーティストをはじめ、フロー・モリッシー、メラニー・デ・ビアシオ、青葉市子など、先鋭的なシンガー・ソングライターを世界各国から招聘。同時に、BLUE NOTE TOKYOとの連携で実施したプレミアムライブでは、デヴィッド・サンボーン、ジョン・マクラフリン&ザ・フォース・ディメンションが素晴らしいパフォーマンスを披露した。

life_170625_montreuxjazz (2).jpg2016年出演:カエターノ・ヴェローゾ

第2回となった2016年開催時には、カエターノ・ヴェローゾやマルコス・ヴァーリといったブラジル音楽界の重鎮を筆頭に、ガブリエル・モウラ、カシン、ダニーロ・アンドラーヂ、テレーザ・クリスチーナといった、次世代のスターたちも数多く招聘。

life_170625_montreuxjazz (4).jpg2016年出演:ジャイルス・ピーターソン presents ソンゼイラ・ライブ・バンド

また、日本からも、板橋文夫、Kuniyuki、クリヤ・マコト・クインテット、須永辰緒、松浦俊夫、METAFIVE、八代亜紀が参加。 さらに、ルル・ゲンズブール、アラ・スタルク、メラニー・デ・ビアシオ、ピート・ジョセフといった欧州のシンガーたちに加え、デリック・メイ、フランチェスコ・トリスターノ、ヘンリク・シュワルツなど、エレクトロミュージックのトップ・プレイヤーたちもライブ・セッションを繰り広げた。

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンでは毎年、オリジナルのキービジュアルを掲示している。第1回の2015年は、漫画家・映画監督の大友克洋が日本の寺社をモチーフにした作品を描き上げ、続く2016年はファッションデザイナーの山本耀司が、本人の作風を象徴するようなモノトーン作品を描出。3回目となる今回は、一体どんなアーティストが、どんなグラフィック作品を創るのか、期待したい。


モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017
開催日:11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)
場所:恵比寿ザ・ガーデンホール(〒153-0062 東京都目黒区三田 1-13-2)
主催:モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017実行委員会
企画制作:VISUALNOTES
問い合わせ:ディスクガレージ カスタマーセンター
TEL:050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
公演の詳細は以下のオフィシャルサイトにて随時発表
http://www.montreuxjazz.jp/