LIFE/CULTURE

-LIFE/CULTURE- update

美しくタフな女性だけのクラシックカーラリー

フランスで毎年行われるラリー、『Rallye des Princesses Richard Mille』。その出場条件は「女性であること」のみ。主催者も女性、ドライバーもコ・ドライバーも女性という、女性による女性のためのラリーである。クラシックカーでフランスの美しい景色の中を優雅に美しく駆け抜け、非日常の世界で存分にリフレッシュする。そんな甘美な世界をイメージするが、実際のところはさにあらず。タフなプリンセスたちの5日間を追いかけた。

Octa日本版 Vol.jpg

ラリー・デ・プランセス リシャール・ミルのキーワードは"treat yourself"、つまり"自分へのご褒美"だ。プログラムを見ると、5日間かけてフランスの風光明媚な箇所を巡り、星付きの高級ホテルに滞在し、前夜祭やガラパーティーといった夜の催しも何夜か行われるようだ。"プリンセス"の名の通り、きっと優雅なお姫様のためのラリーなのだろう。行程表の走行距離を目にした瞬間、そんなイメージが疑問に変わった。5日間でトータル1700キロのコース。有名なイタリアのラリー、ミッレミリア( 1000マイル= 約1600 キロ)よりも長距離である。長い日には一日482 キロを走行する。日本で例えると、本州を5日間かけて縦断しながら、日によっては東京から大阪までを一日で走るのに相当する。

晴天のもとパリをスタート

6月3日早朝。ヴァンドーム広場には多くのクラシックカーが集まっていた。参加者の女性たちが、このラリーのために誂えたのであろう揃いのコスチュームに身を包み、華やかに壇上からスタートしていく。1951年ブリストル401といった大型車から1989年ミニのような小型の車まで、年式や大きさの異なる90台は年式ごとに5つのグループに分けられた。グループ2(1946~1953年)、グループ3(1954~1963年)、グループ4(1964~1973年)、グループ5(1974~1983年)、グループ6(1984~1989年)といった具合だ。

19回目の開催となる今大会は、ラリーの認知度が向上したこともあり、参加者のうち5 0 %を初参加が占めたという。日本からも初めてリシャール・ミル顧客がエントリーし、リシャール・ミルがイベントを盛り上げるために用意したポルシェ356 や911 、メルセデス250SL・パゴダのうちの一台、1965年ポルシェ356で参戦した。

Octan版 Vol.jpg

主催者のヴィヴィアン・ザニロリがスタートフラッグを振る横で、参加者のパートナーや家族、友人たちが声援を送る。中には自分の車を貸したのだろうか、やや不安そうに見守る紳士の姿も。しかし心配は無用。このラリーでは、希望すれば家族やパートナーも帯同して同じルートを走ることもできる。万が一の際のサポート体制も整っているため安心だ。パリをスタートし、平均時速50キロという課題と向き合いながら走ること320キロ。この日の目的地は古城を有する村サン=テニャンだ。

初めてのラリー参戦

2日目はサン=テニャンから309キロを走り、スパ・リゾートであるヴィシーへと向かう。日本から参加した鈴木さん・加藤さんペアは、このようなラリーに出場するのは初めてとのこと。ルールについて不明なことがあると、ディナーの席で他のベテラン参加者に教えてもらいながら、親交と理解を深めていったという。ラリーのルールや異国の道、そして相棒のポルシェ356の運転にも慣れてくると同時に、土砂降りの雨という試練に見舞われながらも、この日の宿泊地である5つ星ホテル、ヴィシー・スパ ホテル・レ・セレスティンに到着した。

ホテル到着後には、翌日のブリーフィングが日々行われる。翌日に備えての睡眠時間を考えると、ゆっくりと食事を味わっている暇もないほど毎日慌ただしい休息時間だったそうだ。一流ホテルで過ごす夜が、昼間の運転の緊張を癒し、翌日への英気を養ってくれたことを願うばかりだ。

Octa版 Vol.jpgOe日本版 Vol.jpg

嵐の中を止まらずに走り続ける

5日間のラリーの中で最長距離の482キロを走る3日目。ヴィシーからトゥールーズにあるブラニャックというルートだ。ルール上ではコマ図は当日のスタート30分前にしか受け取ることができない。しかし担当者と毎日顔を合わせてお互いに仲良くなってくると、「2分前だけど、いいよ」と32分前に渡してもらえたとか。参加者とスタッフの心の距離が次第に近くなってきたことを感じるエピソードである。

スタート日の晴天が嘘のように、この日も土砂降りの豪雨に見舞われた。途中の峠道は嵐が吹き荒れ、行く手には深い水たまり。日本ではモダンなスポーツカーに乗り慣れている鈴木さんだが、前も見えなく心細い状況の中、ギアをコントロールしながら、止まらずに走り続けた。優雅なラリーだなんて、誰が言ったのか。そんな思いが頭をよぎることもあった。そんなとき心の支えになったのは、周りの人たちからの「途中でつらくなったら、リタイアしてもいいからね」という暖かいサポートの言葉だったという。4日目には国境を越え、スペインへと向かう。目的地は美食の町として有名なサン・セバスチャンだ。峠道には雲海のような深い雲。霧のかかった曲がりくねった山道を慎重に走らせること354キロ、ファン アラゴン ヒルズ ホテル & スパに到着した。

日本版 Vol.jpg

クラシックカーの魅力に目覚める

最終日。2018年のゴールはフランス南西部のリゾート地ビアリッツ。王侯貴族が別荘を構えた土地として有名だ。ナポレオン三世が愛するウジェニー妃のために建てた別荘が、いまでもオテル・デュ・パレとしてランドマークになっている。午後4時過ぎ、市内の施設Cité de l'Océanに、1700キロを走破したタフな女性チームが最高の笑顔とともに次々と帰還してきた。完走したのは87台。出迎えた家族や仲間とハグを交わし、他チームと健闘を称えあい、シャンパンでゴールを祝う。

Oct Vol.jpg


日本から初参加した鈴木さん・加藤さんペアも見事完走を果たし、リシャール・ミル特別賞を受賞した。ラリー・デ・プランセス リシャール・ミルでクラシックカーの魅力を体感したという鈴木さん。「クラシックカーは、自分が操れば操った分だけ、しっかり応えてくれます。これはモダンカーにはない魅力です」と語りながら、ラリーを終えて、オースティン・ヒーレーが欲しくなってしまったのだと告白してくれた。5日間のラリーを終えた女性たちの姿は、まばゆいほどに美しく、そして強い。"プリンセス"とは、たおやかな"お姫様"ではなく、自立し輝く女性のことではなかろうか。考えてみればこのビアリッツという土地は、ココ・シャネルが初めてのクチュールハウスを開いた地。いつの時代も、強い女性は美しい。

Octane Vol.jpg

来年は記念すべき第20回

「モータースポーツは男性だけのものだ、なんて誰が言ったのかしら?」と、女性だけのラリーを立ち上げたヴィヴィアン・ザニロリ。夫はパリ-ダカール・ラリーでも活躍したラリードライバー、パトリック・ザニロリだ。彼女は、1929年に開催された女性だけのモータースポーツイベント、「パリ-サン・ラファエル・ラリー」にインスパイアされて、2000年にこのラリー・デ・プランセス リシャール・ミルを主催するに至ったという。

参考までに、2018年の参加費は6200~6700ユーロ。2名+1台の参加費一式、40名のスタッフによる競技と物流のバックアップ、毎日のラゲッジ搬送とメカニックによるサポート、4つ星または5つ星ホテルの宿泊(5泊:ツインベッドルーム)、2名分の食事(ランチとディナー5日分)、ガラパーティーと授賞式、GPSによる追跡、写真・ビデオ撮影、保険、駐車場のセキュリティー、車両用ゼッケンとプレート、ロードブックとタイムカード、毎日のギフトが含まれている。

2019年には記念すべき20回目が開催される。概要が発表されるのが、いまから待ち遠しくてならない。

Rallye des Princesses: http://www.zaniroli.com/rallye-des-princesses/

自社開発自動巻きトゥールビヨン搭載のマスターピース

34090325_1706904436064176_1919510000858824704_n.jpg

リシャール・ミル自社製自動巻きトゥールビヨン ムーブメントCRMT1を搭載した最新レディスウォッチ「RM 71-01 オートマティックトゥールビヨン タリスマン」。ダイヤモンド、マザーオブパール、オニキス、ブラックサファイアがちりばめられた、女性のために作られた魅力的なモデル。「タリスマン」という名の通り、不思議な力のあるお守りとして、それを身にまとう女性を守護してくれるに違いない。全10種類。各5本限定。価格4530万円(税別)。

リシャール・ミルジャパン http://www.richardmille.jp/