MARINE

-MARINE- update

マセラティマルチ70号 世界記録にむけ、香港を出発

最短距離でも 1 万 3000 海里(およそ2万4076km)離れている香港~ロンドン間帆走のスピード記録の新記録樹立を目指し、マセラティがメインスポンサーとなる「マセラティ マルチ70号」は、2018年1月 18 日からロンドンへの大航海に挑んでいる。

Large-13949-MASERATIMULTI70TEAROUTE1.jpg

さまざまな外洋航路でのスピード記録を認定する「世界帆走スピード記録評議会」によると、この香港~ロンドン間を結ぶ 1万 3000 海里のルートは、地球一周とニューヨーク~サンフランシスコ間に次いで 3 番目に長いルートとのことだ。今回は、2008 年にジターナ 13 号が達成した 41日間 21 時間 26 分という記録への挑戦となる。

Large-13970-MASERATIMULTI70TEAROUTECREWSXTODXOLIVERHERRERAGIOVANNISOLDINISBASTIENAUDIGANEGUIDOBROGGIALEXPELLA.jpg

長さ21.2m、幅16.8m、マストは全長29mで、重量は6,300kgに及ぶ マセラティ マルチ70号 を率いるのは、ヨットレーサー兼冒険家ジョバンニ・ソルディーニ氏と 4 人のクルーだけだ。1月29日現在では、南インド洋を航海中で、記録更新のため3月1日までにロンドンのゴールを目指す。

Large-13999-MaseratiMulti70TeaRouteHongKongLondon2018GiovanniSoldini.jpg

彼らを待ち受けているのは、珊瑚礁の島々や船舶交通がつねに混雑する海域など、高度な航海技術を必要とするコース。それらを通過する必要があるばかりでなく、ルート前半の赤道付近においては風が弱く気象条件が不安定なゾーンを通らなければない。そして、南アフリカの喜望峰を通過するこのコースでは、アフリカ大陸に沿って南下するにつれ温帯地域に入る。そこでは、低気圧による西からの強風や強い海流など悪条件下での航海を強いられるリスクもある。

Large-13998-MaseratiMulti70TeaRouteHongKongLondon2018.jpg

フィニッシュラインは、ロンドン近郊のテムズ川河口である「クイーン エリザベス 2 世橋」となり、橋を通過した瞬間、ストップウォッチが止められる。

Maserati
www.maserati.co.jp