RESORT

-RESORT- update

南の島の伝統建築に暮らすように泊まる

その地域の伝統的構法で建てられた空き家を改修した「伝統的・伝説的な建築と集落と文化」を次の時代につなげるための宿泊施設「伝泊(でんぱく)」。築50年~200年を経過した、空き家となっている民家を、水まわりを中心に改修した1棟貸しの素泊まりの宿泊施設だ。2016年に1棟目を立ち上げて以来、奄美群島では、奄美大島に3棟、加計呂麻島に2棟を展開している。

den-paku1.jpg

2018年4月7日には、奄美市笠利町に新たな宿泊施設、伝泊・奄美 「水平線と朝陽の宿」がオープンすることになった。今回完成した「水平線と朝陽の宿」は、奄美大島最北端の笠利岬に近い海辺に建つ、築60年の民家を改修。平屋であること、高床や入母屋造りの屋根、束石の上に乗せただけの柱が土台を貫通して梁まで伸びている「ヒキモン構造」など、台風の多い奄美特有の様式で建てられた伝統的建築だ。

den-paku2.jpg

den-paku3.jpg

目の前には海と砂浜が広がり、新設された大きなデッキでくつろぎながら、水平線から昇る朝陽や、満点の星空を眺めることができる。奄美に暮らすように滞在しながら、地域の人たちとのコミュニケーションをとることができるのも旅の醍醐味だろう。

den-paku4.jpg

den-paku5.jpg

den-paku6.jpg

他にも「伝泊」として、映画「男はつらいよ」で、寅さんとマドンナのリリーが暮らす家として登場した「リリーの家」(加計呂麻島)や、伝統的な茅葺の高倉が残る「高倉のある宿」(奄美大島)など、鹿児島県の奄美群島に5棟、新潟県の佐渡島に1棟が運営されている。

den-paku8.jpg(リリーの家)

LCCも就航してアクセスも便利になった奄美群島は、2018年の世界遺産登録を目指している。海や山といった大自然、伝統建築、食、人との触れ合い...、いずれも大いに満喫することができる奄美群島。これからますます注目したいエリアである。

伝泊・奄美 「水平線と朝陽の宿」
住所:鹿児島県奄美市笠利町用26-1
アクセス:奄美大島空港より車で15分
料金:2名様ご宿泊時  税込み12,528円/人~(食事なし)
定員:6名(1棟貸し)

【宿泊のお問い合わせ】
TEL:0997-63-1910  ※平日10:00~18:00
メール:amami@den-paku.com
URL:http://den-paku.com/amami/