RESORT

-RESORT- update

163年の歴史の中で過ごすラグジュアリーホテル

163年前の安政2年(1855年)に建てられた古民家に、日本家屋の魅力を残しながらリノベーションを加えたホテル「鎌倉 古今」が2019年1月7日(月)にオープンされる。建物の梁などは、建築された江戸時代当時そのままのものが残されており、163年の歴史を感じることができる。

main (800x575).jpg

自然豊かな静寂に包まれた場所に佇む古民家で、約90㎡の広い客室や、最先端技術を使ったサービスなど、宿泊者が快適に過ごすことができるラグジュアリーな空間が提供される。

明治天皇により1869年に創建された由緒正しき「鎌倉宮」や、初詣で多くの観光客が訪れる「鶴岡八幡宮」など、歴史的な寺社仏閣などが徒歩圏内にある好立地。施設周辺にはハイキングコースもあり、自然と歴史を一緒に体感できる。また、江戸時代から使われ続けている梁や、蔵などの古民家ならではの魅力を残しながらも、快適な宿泊体験を約束する機能性を備えたホテルとなっている。

sub12 (800x600).jpg

訪日観光客の宿泊も想定して、客室にはホテル宿泊者が無料で使えるスマートフォンレンタルサービスである「handy」を導入。宿泊中は外出時に自由に持ち出すこともできるため、周辺の観光情報やグルメ情報などの収集も可能。また、客室内には「Amazon Echo」も備え付けられており、快適に滞在を提供する。

「ヒーリング&ラグジュアリーステイ」を掲げる同施設では、「The Quality Sleep」を企業理念に掲げ、最高の眠りを提供するエアウィーヴ社が宿泊客ごとに最適な寝具を提案する。その他、提携エステティシャンによるSPAトリートメントを客室内で受けることもでき、至極の宿泊体験ができるのだ。

sub3 (800x530).jpg

オープンと同時に同施設内で「Restaurant COCON」としてレストラン事業も展開。世界でも高い評価を受けており、国内オーガニックレストランの先駆けとしても知られる奥田政行シェフがプロデュース。「Restaurant COCON」では、イタリアンベースのオーガニック料理が提供され、鎌倉ならではの"鎌倉野菜"も使用されるなど料理にもこだわりが詰め込められている。

sub16 (800x640).jpgsub14 (603x401).jpg

民泊新法が施行となる2018年6月15日(金)より、「鎌倉 古今」の公式サイトにて予約受付を開始。民泊新法に基づき、180日限定で営業される。

古き良き日本と最先端ラグジュアリーが織り成す至極の時間を体験できるであろう。

【ホテル「鎌倉 古今」 施設概要】
鎌倉 古今(かまくら ここん)
鎌倉市二階堂836
鎌倉駅より車10分※宿泊者は鎌倉駅より無料送迎
大塔宮バス停より徒歩3分
●料金
1名様 ¥48,000(1泊朝食付プラン、税別)
1名様 ¥60,000(1泊夕朝食付プラン、税別)
●客室数
2室(88㎡ / 82㎡)

予約ページ: www.kamakura-cocon.jp  
予約電話番号: 050-5213-2512(9:00∼18:00/定休日:火・水曜)
問い合わせ先 info@kamakura-cocon.jp

株式会社くらつぐ: https://kuratsugu.jp/