“サヴォア・フェール”が息づく栗毛色の「アレザン」|DS7クロスバックの特別仕様車登場

DS

Groupe PSA Japan株式会社は6月4日(金)、DS AUTOMOBILESのフラッグシップSUV、DS7クロスバックの特別仕様車「DS7 CROSSBACK Grand Chic BlueHDi ALEZAN」を発売した。パリに伝わるもの作りの技と美学、”サヴォワフェール”の精神が息づく栗毛色のナッパレザーシートをあしらい、また、このシートにはDSオートモビルのシグネチャーでもある一枚革をもちいたウォッチストラップデザインを採用している。



DSオートモビルの通奏低音にある“Savoir-Faire”(サヴォア・フェール)は、日本語では「匠の技」と訳されることが多い。ただ、フランス人曰くこの言葉は他言語で表現するには極めて難しいそうで、「匠の技」ではこの言葉の重要なニュアンスを欠いてしまう。あえて説明するならば「作品のクオリティを裏付ける経験や修練の存在。加えて創造性やクリエイティビティ、そしてそれらを希求する心持や自ら”よりよいものを、より美しいものを創造せずにはいられない”という美学、美意識」という大きな概念である。

これまでもDS7クロスバックには最上級インテリアとしてOPERA内装をラインナップしてきたが、今回のDS7 CROSSBACK Grand Chic BlueHDi ALEZANでは通常のムラ染のブラックレザーに変えて、栗毛色のナッパレザーを用いたウォッチストラップシートを各部にあしらったOPERA内装を採用している。ウォッチストラップシートは、腕時計のストラップからインスピレーションを得ており、複数のコマが組み合わされたかのような立体的かつシャープな形状が印象的だ。また、注目すべきはこれが背面と座面部分はそれぞれ一枚革で出来ており、立体感はステッチングとクセつけだけで造形されていることだ。複数の革をステッチや接着で組み合わせると接合部分が固くなり、座り心地が悪くなることをさけるための工夫で、フランスに伝わる革製品の技術を自動車のシートに落とし込んでいる。



シートやドアパネル、ダッシュボードのステッチの一部にはパールトップステッチがアクセントに使われている。真珠のネックレスのようにステッチが球状に露出しており、これもオートクチュール由来の技法だ。自動車のインテリアとしてこのステッチを用いるための開発に数年かかったという。

皮革製品やジュエリーの世界でフレンチラグジュアリーブランドが世界で高く評価されていることは周知の事実だ。DSオートモビルでは、そういったパリ独自のラグジュアリーを自動車に落とし込み提示している。栗毛の馬を意味するアルザンの名を冠した特別仕様車は、サヴォア・フェールの精神を存分に感じることのできる一台といえよう。



ボディカラーはブラン ナクレ、ブルー アンクル、オル ビザンタン、グリ アルタンス、グリ プラチナム、ノアール ペルラネラの6色。

6月19日(土)と20日(日)には全国のDSストア、サロンにてDS7 CROSSBACK Grand Chic BlueHDi ALEZANのデビューフェアが開催予定だ。フェア招待ダイレクトメールを提示すれば来場者プレゼントとしてDSオリジナルレザートレイが手に入る。また、抽選で3名にフランス製のDSブティックトラベルバッグが贈られる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事