試乗記|ブランド史上初のSUV ロールス・ロイス カリナンは若き富裕層を満足させる見事な仕上がり

ロールス・ロイス カリナン

ロールス・ロイスはホンモノの自動車だけを作る骨のあるブランドだ。それだけに、彼らが史上初のSUVを開発中と報じられたとき、私は訝しんだ。ロールス・ロイスにふさわしい大きさと重さを備えたSUVが、果たしてまともに走るのだろうか、と……。あれから2年が過ぎ、彼らが作り上げたSUV、その名もカリナンをテストする機会が巡ってきた。

試乗会が催されたのはアメリカ・ワイオミング州。美しい自然に恵まれたこの州は、意外にも全米でもっとも裕福な人々が多く暮らすエリアという。ロールスが試乗会を催すにはお誂え向きだ。

一般道を走り始めたカリナンは、他のロールスとまったく同じように、実に快適な乗り心地を示した。静粛性も申し分ない。6.75ℓのV12ツインターボ・エンジンが生み出すトルクはほとんど無尽蔵で、まるで電気自動車のようにスロットルペダルを踏み込めば瞬時に欲しいだけの加速が手に入る。



まだ雪のないスキー場の舗装されていないサービスロードに、特別な許可を得て足を踏み入れる。ゴロゴロとした小石に覆われたそのラフロードにはかなりの傾斜がついていたが、そこをカリナンは何の躊躇もなく上っていく。しかも、途中には急な折り返しもあったのに、カリナンはこともなげにここでクルリと向きを変えてしまう。4WSを備えたことで、全長5341mm 、全幅2000mmの巨体にも関わらず、驚くほどの扱いやすさを手に入れていたのだ。

しかし、それ以上の驚きを覚えたのは、荒野に続くフラットなダート路を走っていたときのこと。コーナリングでかなりペースを上げてもドライバーのステアリング操作に正確に、そして機敏に反応しようとする傾向が見受けられたので、思い切ってスタビリティコントロールをオフにし、ドリフトを試してみることにしたのだ。すると、テールがスライドし始めてもカウンターステアをあてると即座にリアのスタビリティを回復。まるでスポーツカーのようなヨーモーメントの小ささを披露したのである。さらにテールが流れ始めたのをきっかけにしてスロットルペダルを踏み込めば、短時間ながらもパワースライドの姿勢を維持することもできた。ここまでのコントロール性をカリナンが身につけていることは、私にはまったくの想定外だった。

内外装の仕上がりも見事としかいいようがない。独立したトランクルームがわずかに張り出しているように見える3ボックス・スタイルは、ロールスらしさとSUVらしさを両立させるために編み出された独創的な手法。フロントグリルの荘厳なパンテオンを含め、ロールス・ロイスらしい威厳に満ちた佇まいだ。


トランクは560ℓ分の収容スペースを備え、プライバシーカバーを外すと600ℓ分になる。リアシートのベースはトランク床面よりも高くなっているため、両方のリアシートを収納してもトランク内の荷物が前に滑り出さない構造となっている。

インテリアにも趣向が凝らされている。ホンモノの素材を用いたオーセンティックな仕立てはロールスの例に漏れないが、カリナンで特徴的なのはそのリアシート。ベンチタイプのラウンジシートと2座が独立したインディビジュアルシートのどちらかを選べるのだが、インディビジュアルシートはよりよい視界のために着座位置を10mm ほど上げるとともに、トランクルームとの間に固定式のパーティションを設置。かりに真冬にテールゲートを開けてもキャビンに寒風が吹き込まない工夫が施されている。もちろん、ふたつのシートを仕切るアームレスト部分には、シャンパンを冷やす冷蔵庫とシャンパングラスを収めるキャビネットを取り付けることもできる。


インフォティメントディスプレイを搭載し、運転席前方や後部座席の液晶画面にはロールス・ロイスとして初めてタッチスクリーンが採用されている。

この豪華極まりないカリナン、実は20代、30代といった若いロールス・オーナーたちのリクエストに応える形でプロジェクトが始まったという。若くて裕福な彼らが、週末に家族とともに車で旅にでかける……。そんなシチュエーションを想定して企画されたそうだ。つまりカリナンは、オーナー自身がステアリングを握るドライバーズカーとなることも想定されているわけで、これはロールス・ロイスの歴史上、初めてのことらしい。

ロールス・ロイス カリナン
エンジン:ツインターボV型12気筒 ボディサイズ:5341×2000×1835 mm ホイールベース:3295mm
車重:2750kg 駆動方式:4WD 変速機:電子制御8段AT 排気量:6750cc
最高出力:571ps/5000rpm 最大トルク:850Nm/1600rpm 本体価格:3894万5000円

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事