-CAR- update

アストンマーティンの新たな頂点 新型DBS Superleggera発表

紛れもなくアストンマーティンの量産車シリーズの頂点に君臨するモデルである、新型 DBS スーパーレッジェーラが発表された。

IMG-1959.JPG

DBSは、アストンマーティンが1967年に初めて使用したアイコン・モデルの名称であり、スーパーレッジェーラはイタリアのコーチビルダーであるトゥーリングの革新的軽量構造だ。

今回発表された新型DBSスーパーレッジェーラは、流れるようで美しいフォルムを持ちつつアストンマーティンらしい筋肉質で力強い雰囲気である。アストンマーティン史上最もパワフルな量産モデルの冷却効果と制御を考慮した結果として、印象的なフロントマスクを持つデザインとなっている。

DBS Superleggera (13).jpg

速い車となるほど冷却の必要性が高まり、より大きなブレーキや強靭なサスペンションが求められる。その結果として重量の増加が避けられないというのが一般的であるが、超軽量のカーボンファイバー製クラムシェルボンネット採用や鍛造合金ホイールを標準装備とすること等によって、DB11より72kg軽量化された1,693kgという重量に抑えることが可能となった。

エンジンにはアストンマーティンが独自に設計した5.2リッターV12 ツインターボ・エンジンを搭載しており、725PS/6,500rpmの最大出力と900Nm/1,800rpm~5,000rpmの強大な最大トルクを発生する。900Nmの最大トルクは、カーボンファイバー製プロペラシャフトを経由して、車両後部にマウントされた新設計のZF8速オートマチック・トランスミッションに伝達される。この強力なエンジンにふさわしいエンジン音を奏でるためにチューンされた4本出しエキゾーストシステムも搭載されている。

DBS Superleggera (15).jpg

また、F1にインスピレーションを受けたダブルディフューザーとエアロブレードⅡの連携により、最高速度で走行している時のダウンフォースが量産アストンマーティン史上最高となる180kgに達している。この数値は、空気抵抗の増加を伴っていないのだ。

優れたパフォーマンスやエンジニアリングに怠ることなく、インテリアも洗練されたラグジュアリーなものに仕上がっている。固定式フルレングス・パドルシフト、ロアセクションにはタッチセンサー付エアコンデショナー・コントロールが装着されている。ヘッドレストにステッチされたアストンマーティン・ウィングなどの微妙なディテールを始め、シートキルティングやパーフォレーション、ヘッドライナー、トリムパネル、ジュエリーの独特な組み合わせによってキャビンを完全に変貌させることまで、多岐にわたる変更が可能。

DBS Superleggera (20).jpgDBS Superleggera (27).jpg

圧倒的なポテンシャルと、印象的なスタイリングを持ち、アストンマーティン・フラッグシップの名にふさわしい1台である。

DBS Superleggera
ボディサイズ 4,712mm×2,146mm 
ホイールベース 2,805mm
車体重量 1,693kg
エンジン オールアロイ V12, DOHC48バルブ 5.2リッター ツインターボ 
最高出力 725PS/6,500rpm 
最大トルク 900Nm/1,800rpm~5,000rpm 
最高速度 211mph(約340km/h)
トランスミッション ZF製8速AT
希望小売価格:225,000ポンド​

アストンマーティン https://global.astonmartin.com/ja/models/dbs-superleggera#section_Design