GOURMET

-GOURMET- update

明治天皇や伊藤博文公も食した、明治宮廷の味覚を133年ぶりに再現

gourmet_170720_meijikinenkan (1).jpg

明治神宮の結婚式場として昭和 22 年に開館し、今年で70周年を迎える明治記念館。その本館、通称「憲法記念館」は、かつて明治 14 年(1881)10月に赤坂仮皇居に建設され、明治天皇が使用した「御会食所」の貴重な遺構だ。我が国最初の「天皇のダイニングホール」であり、条約改正問題が最大の政治課題であった明治10年代には、三大節の賜宴や外国皇族を招いての宮中晩餐会の会場として使用された建物でもある(※1)。

gourmet_170720_meijikinenkan (2).jpg饗宴料理レプリカ(明治20年5月13日)

開館70周年を記念して、7月26日(水)から11月9日(木)まで、館内の特設コーナーにて、特別展『明治宮廷のダイニングホール~よみがえる近代の饗宴~』が開催される。この展覧会は、明治天皇と昭憲皇太后による宮廷外交の舞台となった"赤坂仮皇居御会食所とその時代"を振り返るもので、「天皇の料理番」秋山徳蔵氏のメニューコレクションから明治の宮中晩餐メニューカード、明治天皇と昭憲皇太后がお召し上がりになった饗宴料理のレプリカが再現されている。また、宮中晩餐の引出物として作られた雅びな工芸品「ボンボニエール」など、現存が少ない明治時代の貴重な作品を厳選した計29点を展示する、希少かつ本格的な展覧会となっている。

gourmet_170720_meijikinenkan (3).jpg

ボンボニエール(明治44年5月17日)

本展開催を記念し、味覚でも明治宮廷を感じていただこうと、実際に明治天皇や伊藤博文公(※2)など、その当時の要人の食事会にて振る舞われていたとされる「鴨肉のカレーライス」と、今も宮中晩餐会にて振る舞われている「富士山アイスクリーム」が開催期間中に、期間限定で販売されることになった。

gourmet_170720_meijikinenkan (4).jpg

鴨肉のカレーライスと富士山アイスクリームのセット(3800円税・サ別) ※写真はイメージです。

鴨肉のカレーライスは、貴重な歴史文献や資料をもとに明治記念館 西洋料理総料理長の監修にて、約 133 年ぶりに再現される。鴨を丸々無駄なく使用し、鴨肉の旨みを最大限に生かした、高級感あふれるカレーライスである。

富士山アイスクリームは、現在でも宮中晩餐会の定番デザートとされ、各国の来賓客に振る舞われている(※3)。富士の樹海に聳え立つ富士山。山部分に濃厚な抹茶、雪に覆われている部分に口どけ滑らかなバニラのアイスクリームを使用。富士五湖に見立てたデコレーションソースは、チョコ・ピスタチオ・キャラメル・フランボワーズ・バニラで仕立てられている。

期間限定メニュー「鴨肉のカレーライスと富士山アイスクリームのセット」は、「金鶏の間(*)」にて11:30~L.O. 20:00に提供される(9月13日(水)までの平日に限り、11:30~L.O. 15:00 となる)。開催期間中、8月14日(月)~8月20日(日)及び、10月17日(火)と18日(水)は休業日のためご注意を。

*金鶏の間が披露宴等で貸し切りの際は、ロビーでの営業となります。


『明治宮廷のダイニングホール~よみがえる近代の饗宴~』開催概要
会期:2017年7月26日(水)~11月9日(木) / 不定休
開館時間:平日10:00~19:00、土日祝日9:00~19:00
会場:明治記念館 館内特設コーナー
入場:無料
主催:明治記念館
協力:公益財団法人味の素食の文化センター
URL:http://www.meijikinenkan.gr.jp

gourmet_170720_meijikinenkan (5).jpg

また、関連イベントとして下記のランチ・トークや昼餐会、リサイタルなども開催されるので、こちらもぜひ注目したい。

ランチ・トーク 『明治の饗宴 ~「食」のプレミアムトークとよみがえる昼餐会~』
フランス料理文化の専門家と当館の西洋料理総料理長が、明治の西洋料理について対談。対談後は、総料理長の監修で明治の宮廷饗宴を彩った再現メニューによる一日限りの昼餐会を開催する。

日時:7月26日(水)11:00~14:00
   第1部「食」のプレミアムトーク
   ・大沢晴美(フランスレストラン文化振興協会代表)
   ・青柳義幸(明治記念館西洋料理総料理長)
   第2部 一部再現メニューによる昼餐会
会費:1万円(料理・飲み物・サービス料・税込)
定員:60名
主催:明治記念館
協力:明治神宮国際神道文化研究所

チャリティー・リサイタル
『時を超える宮中音楽会~明治天皇と昭憲皇太后がお聴きになったヴァイオリンの調べ~』
明治19年8月10日に行われたハンガリーのヴァイオリニスト、エドゥアルト・レメーニによる演奏会を再現。曲目は、レメーニが来日時に演奏したショパンのノクターンやシューベルトのアヴェマリア他、パガニーニのカンタービレ、レメーニと親交があったブラームスの楽曲等を予定。

日時:9月21日(木)13:00~15:30
   第1部 ヴァイオリン・リサイタル
   ・ヴァイオリン 徳江尚子
   ・ピアノ 東誠三
   第2部 茶話会(ケーキと珈琲または紅茶付)
会費:5,000円
定員:150名
主催:明治記念館
協力:一般財団法人 明治神宮崇敬会婦人部「わかば会」
   明治神宮国際神道文化研究所

フォーラム・カフェ『天皇のダイニングホール ~知られざる明治天皇の宮廷外交~』
明治天皇が使用した宮殿建築唯一の遺構である現在の明治記念館本館の真価と、当時の宮廷外交の実情を「建築」、「テーブルアート」、「人物」の3つの観点から解き明かす。

日時:11月6日(月)13:00~15:30
   第1部 パネルトーク
   ・山崎鯛介 (東京工業大学准教授)
   ・メアリー・レッドファーン (チェスター・ビーティー・ライブラリー学芸員)
   ・今泉宜子 (明治神宮国際神道文化研究所主任研究員)
   第2部 会場見学・展示解説
   珈琲または紅茶付
会費:無料
定員:100名
主催:明治神宮国際神道文化研究所
協力:明治記念館

※1 山﨑鯛介、メアリー・レッドファーン、今泉宜子著『天皇のダイニングホール~知られざる明治天皇の宮廷外交~』(思文閣出版、2017 年 10 月刊行予定)より抜粋。
※2 宮内省編 「明治天皇紀 第六」(吉川弘文館、昭和 46 年) 及び 公益財団法人味の素食の文化センター所蔵のメニューカードより。
※3 実際の富士山アイスクリームとは、サイズや見た目が多少異なります。

gourmet_170720_meijikinenkan (6).jpg