ポルシェ911 第8世代にニューメンバー登場│911カレラと911カレラカブリオレ

Porsche AG

ポルシェ911の第8世代に新型911カレラが追加された。搭載されているツインターボ 3リッターボクスターエンジンは385PSを発生し、先代モデルより15PSのパワーアップがされている。

10.9インチタッチスクリーンディスプレイ、ウェットモードなど基本的な技術装備はカレラSと同様。ホイールサイズがカレラSよりもひとまわり小さいこと、2のシングルエギゾーストテールパイプが備わっていることが特徴である。



3リッターボクスターエンジンの新しいターボチャージャーには小型化されたタービンとコンプレッサーが備わり、新開発の8段デュアルクラッチトランスミッションのPDKがそのパワーをコントロールする。これにより911カレラクーペの0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は293km/hに到達。スポーツクロノパッケージをオプション装着した場合、この加速タイムは0.2秒短縮される。新欧州サイクル(NEDC)による燃費はクーペで9.0L/100km、カブリオレで9.2L/100kmとなっている。





前輪には19インチ235/40ZR、後輪には20インチ295/35ZRのミックスタイヤを採用し、4輪ともにブラックペイントされた4ピストンモノブロックキャリパーと直径330mmのブレーキディスクが装着される。

日本での導入時期は未定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事