メゾンの歴史と伝統を受け継いだ新ボトルデザインのペリエ ジュエ グラン ブリュット

プレステージ・シャンパーニュの『ペリエ ジュエ』。「世界初のブリュット(辛口)シャンパーニュ」という『ペリエ ジュエ』の革新性を継承するシャンパーニュ、『ペリエ ジュエ グラン ブリュット』のボトルデザインがメゾンの歴史と伝統にインスパイアされたものへとリニューアルした。

1811年の創業より、伝統とクラフトマンシップを守りつづけてきた『ペリエ ジュエ』。最高級のシャルドネを使用した繊細でエレガントなスタイルと、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家 エミール・ガレが描いたアネモネのボトルにより、「シャンパーニュの芸術品」と称されてきた。1846年には世界初のブリュット・シャパーニュを創造し、各国に衝撃をもたらしたのだ。

200年以上にわたり世界で愛されてきた『ペリエ ジュエ』は、プレステージ・キュヴェである『ペリエ ジュエ ベル エポック』をはじめとして、現在まで最高級のシャンパーニュを創造しつづけている。 最高醸造責任者 エルヴェ・デシャンが「メゾンのスタイルを代表する完璧なキュヴェ」と表現した『ペリエ ジュエ グラン ブリュット』。「世界初のブリュット・シャンパーニュ」という革新性を継承するシャンパーニュとして、『ペリエ ジュエ』のクラシックラインを象徴している。



また、規定熟成期間の2倍以上となる36カ月の瓶内熟成を経ていることから、高品質のシャンパーニュとして定評も持っている。 今般、『ペリエ ジュエ グラン ブリュット』のボトルデザインが、メゾンで最初のプレステージ・キュヴェである「ブラゾン・ド・フランス」にインスパイアされたものとなる。

今回のボトルデザインは、『ペリエ ジュエ』の歴史的なキュヴェであり、メゾンで最初のプレステージ・キュヴェである「ブラゾン・ド・フランス」に由来しているもの。この特別なキュヴェは、1975年から1990年まで「ルレ・エ・シャトー」に加盟する一流店で振舞われるとともに、名声のあるレストランへの直販専用商品としてたくさんの美食家たちに愛飲されてきた。

直線的なスタイルがモダンとされていた時代に、『ペリエ ジュエ』はあえてこの伝統的なボトルデザインを採用することで革新的精神を示した。長く細身のネックと柔らかく丸みを帯びたショルダーラインを持つこのボトルデザインは、『ペリエ ジュエ』のフローラルなスタイルを想起させる。

このたび発表したボトルデザインは、形状だけでなくフロントラベルのアネモネ、ネックフォイルやネックラベルのデザインも変更した。『ペリエ ジュエ』のスタイルを継承するとともに、ブランドならではの高級感を強調している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事