アストンマーティンが発表│究極のラグジュアリープライベート用カーストレージ

Aston Martin

アストンマーティンが、Qによる新たな試みとしてラグジュアリーなカーストレージの構想"Automotive Gallery and Lairs"を公表した。ガレージだけでなく、レジデンスの建設など様々な事業へ本格的に着手しはじめたアストンマーティンだが、このプロジェクトもその象徴となるものである。



アストンマーティンのクリエイティブオフィスチーフを務めるマレク・ライヒマンは、「ラグジュアリーな家の空間で車に囲まれる生活を想像してみてください。アートとしての芸術をひとつのショーケースとして表現し、エンスージアストたちにとって重要な“ビスポーク”の空間をアストンマーティンが作りあげます。さらに上のレベルへとオーナーと車の関係を導くのです」とコメント。

公開されたイメージでは、アストンマーティン ヴァルハラやDB5が幻想的に並び、選ばれた車はゲストルームからも見えるようになっている。



「アストンマーティンは車をベストな状態で見せられるよう、常に努力してきました。このギャラリーはヘリテージモデルにも似合うようになっています。すべてのカスタマーの要望に沿ってひとつの空間を創り上げることができます。オーナーそれぞれが持つ車への情熱をゲストにも共有できるようになっているのです」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事