ポルカドットで彩るジャガー Mk 2│現代に向けたクラシックモデルの見せ方

Jaguar Land Rover

ジャガーの歴史に残るコンパクトスポーツサルーン Mk 2の誕生60周年を記念し、そのスタイルや創造性へのオマージュとして特別なセットで撮影を行った。

この撮影を計画した "Rooms by Rankin"とは、ジャガーとイギリス人ファッションフォトグラファー Rankinとのユニークなパートナーシップを意味する。これまでにXF,XEの撮影を行い、Mk2は3番目のプロジェクトとなった。

「ジャガー MK 2は特別な車です。非の打ち所がない美しさで、その姿を映すのに最適な1台でしょう。Mk 2の歴史を表現する作品にすると同時に、現代の要素も持つ作品にもしたかったのです。そのために、ポルカドットを用いました」とRankinは述べた。



ジャガー・デザイン・ディレクターのジュリアン・トムソンは、「ポルカドットはMk 2にぴったりです。ノスタルジックな雰囲気でもありながら、現代でも溶け込めるものです。"タイムレスなクラシック"の姿を映し出しています。Rankinは完璧な創造性を生み出してくれました。ジャガーでは重要な要素である、エレガントで人をうっとりさせる作品が完成しました」とコメント。



"Rooms by Rankin"でフューチャーされたダークブルーのMk 2は、ジャガー・クラシック・コレクションで保有されているもの。コレクションの他に、クラシックモデルを次世代へつないでいくため販売や整備、レストアなども行っている。

クラシックモデルをどのように次世代へと魅せていくのかという課題に気付かされるものだ。 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事