ボッシュとメルセデス・ベンツが米サンノゼで自動運転配車サービスの実証実験を開始

サンノゼのシリコンバレーにおいて、メルセデス・ベンツSクラスの自動運転車両を用いたアプリベースの配車サービスに向けた、両社による実証実験が始まった。都市部での自動運転の開発に向けたボッシュとメルセデス・ベンツの合同プロジェクトは、新たなステージに突入したようだ。

セーフティドライバーの監視のもと、自動運転車両がサンノゼ西部と都心部間のサンカルロス通りとスティーブンス・クリーク通りを定期往復する。本サービスは、開始当初は特定のユーザーのみを対象とする。ユーザーは、ダイムラー・モビリティAGが開発したアプリを使用し、決められた乗車地点から目的地まで、Sクラスの自動運転車両による走行を予約することが可能。

ボッシュとメルセデス・ベンツはこの試みにより、高度・完全自動運転(SAEレベル4/5)システムのさらなる開発に向け、有益な知見が得られることを期待している。また、公共交通機関やカーシェアリングを含む複合的なモビリティシステムに、どのように自動運転車両を統合できるかについても、さらなる知見が得られるのだ。



2017年中頃、道路交通において増大する課題の分析のために、サンノゼが米国で初めて自動運転の実証試験に民間企業を誘致した。特に混雑した市街地走行では、自動運転車両のサラウンドセンシングによって、潜在的に安全性を向上させることができ、スムーズな走行スタイルにより交通の流れを改善することもできるという。

「市として、自動運転車両がどのように安全性の向上と渋滞の緩和に役立つのか、また交通手段をさらに利用しやすく、持続可能で、包括的なものにする上で役立つのかという点について、より多くのことを知りたいと考えています。メルセデス・ベンツとボッシュのプロジェクトは、サンノゼの掲げる『スマートシティ』の目標と結びつきます。さらに、新しいテクノロジーに対処するためのガイドラインの策定や、将来の交通システムへの準備という点でも、私たちにとって有益なものとなるでしょう」と、サンノゼ市政革新・デジタル戦略ディレクターのDolan Beckel氏は述べた。

「自動運転が日常的に使用されるためには、そのテクノロジーが高い信頼性と安全性を持って機能する必要があります。そのためには、サンノゼでの実証実験のようなテストが必要となります」と、ロバート・ボッシュGmbHの都市部自動運転の開発を率いるMichael Faustenは述べている。

また、「その性能を証明しなくてはいけないのは、自動運転車両だけではありません。私たちシステム開発者もまた、自動運転配車サービスが都市交通というパズルに、1つのピースとしてフィットすることを証明する必要があります。私たちはこの両方をサンノゼでテストすることができます」と、メルセデス・ベンツAGで自動運転を率いるUwe Keller氏は語った。

これから自動運転がどのように進化していき、都市部で活躍していくのだろうか期待しよう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事