日本限定40台!ロータス・エリーゼ スペシャルカラー エディション登場

Lotus

ロータス・エリーゼ スペシャルカラー エディションの受注が開始された。

このカラフルなエディションは、「エリーゼ スポーツ 220Ⅱ」にしているものだ。1.8リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力220ps、トルク250Nm、車両重量(Kerb weight)904kgを実現する、『究極のライトウェイト・スポーツ』として唯一の存在ともいえるモデルである。そのパワーを持つ車に、特別なボディーカラーと内装を施している。価格は699万6000円のワンプライスで魅力的な日本特別限定車だ。



ボディーカラーは、通常ラインナップでは選択できない「ブロンズカッパーレッド」(スペシャルペイント/40万7000相当)、以前に発売され人気色だった「ゼストイエロー」「ナイトフォールブルー」「メタリックレッド(311に採用)」「バトルシップグレー(Exige Cup 430に採用)」(スペシャルペイント/40万7000相当)、今後プレミアムペイントとしてオプション採用される予定の「アイソトープグリーン」「バーントオレンジ」「デイトナブルー」(プレミアムペイント/22万円相当)の8色/各5台ずつに、ブラックパック(8万2500相当)を組み合わせ、足元はブラック軽量鋳造アルミホイールで引き締めている。



インテリアには、こちらも通常ラインナップでは選択できないボディー同色の特別インテリアカラーパック(8万2500円相当、今後オプションにて選択可能)に、さらにボディーカラーに合わせた特別カラーステッチ(レッド/イエロー/ブルー/シルバー(標準ステッチ色)/グリーン/オレンジ、4万4000相当、今後オプションにて選択可能)を組み合わせることにより、ボディーカラーとインテリアがトータルでマッチングしている。



さらに、エアコン(標準)、フロアマット(3万3000円相当)、クラリオン製CD MP3 WMAオーディオ(2万2000円相当)&2スピーカーも標準装備し、各色により30万8000円~最大49万5000円もお得になるという。

販売台数は40台(8色/各5台ずつ)、デリバリーは2020年3月中旬以降を予定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事