1965年当時の価格は?│貴重なアストンマーティン DB5ヴァンテージモデル 

1964年にDB5が発表されたとき、当然のことながら、高性能モデルのヴァンテージバージョンもすぐに登場すると思われた。しかし、意外なことに、オプションのヴァンテージエンジンを搭載したDB5サルーンの生産台数は、887台のうちわずかに68台に留まった。ヴァンテージバージョンは、ウェーバー製トリプルキャブレターを採用し、標準バージョンよりも40bhp高い325bhpの最高出力を発生する4リッターエンジンを搭載していた。


 
ヴァンテージエンジンを搭載したDB5コンバーチブルはさらに希少なモデルとなっており、製造された123台のうち、わずか8台に過ぎない。その後、数多くの標準バージョンがヴァンテージバージョンに改造されたなかで、DB5 ヴァンテージおよびDB5 ヴァンテージコンバーチブルのオリジナル車はきわめて珍しい存在となっている。


 
1965年のジュネーヴ・モーターショーで世界のメディアに向けて発表されたプレスリリースでは、DB5 ヴァンテージの魅力を簡潔かつ控えめに次のように表現している。「さらなるパワーにより、強烈な加速とより高い平均航続速度を実現しています」
 
DB5 ヴァンテージは、当時としては高価な車だった。パワーユニットのアップグレードには、車両代金とは別に158ポンド(消費税抜き)が必要で、1965年時点での価格は税込で4439ポンド15シリング5ペンスに引き上げられた。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事