ベントレーがバカラルの塗り絵コンペティションを開催│本国デザインチームが審査

Bentley motors

ベントレーのビスポーク部門であるマリナーに新しく設立されたコーチビルト部門の最初のモデルである"バカラル"は、わずか12人のカスタマーのみが所有できる。究極のオープンエア・グランドツアラーというかたちでそれぞれの嗜好を表現する機会を提供するのだ。

開発作業はベントレーのクルー本社の営業が再開されるまで休止となっているが、それぞれ独自のビスポーク仕様の開発を再開する準備は整っているという。バカラルのエクステリアのボディパネルには、他のベントレーのモデルと共有する部分はない。このモデルはベントレーの職人技の粋を集めた傑作であり、オーナーになる人々の想像力によってのみ生み出される極めて高級なインテリアを備えている。



そして、ベントレーは、想像力が活きるバカラルをテーマに「‘Design your own Bacalar’ competition(自分だけのバカラルを創る)」コンペティションを開催中だ。大人も子供も関係なく、どなたでもバカラルの内外装のテンプレートをダウンロードして、さまざまな方法でカスタマイズできる。 ベントレーのツイッターアカウント@BentleyCommsを通じて作品を募集を行い最優秀デザインは、ベントレーデザインチームが審査し、同アカウントのタイムラインで紹介され注目される。年齢問わず参加してみていただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事