遂に公開!720馬力を発揮するマシン 日産 GT-R 50の量産モデル

日産GT-Rとイタルデザインがともに50周年を迎え、記念に製作された「日産 GT-R 50 by Italdesign」。昨年もプロトタイプが世界中で公開され、話題を呼んでいたがいよいよ量産モデルが公開された。

GT-R 50は、ベースとなっているGT-R NISMOよりも、長く、ワイドに、低くなり全長4784mm、全幅1992mm、全高1316mmというサイズ感になっている。搭載する3.8リッター V6 VR38DETTエンジンは、ベースモデルを120hpも超える720hpを発揮する。インテリアにおいては、カーボン、レザー、アルカンターラといった高級素材を多用し上質な雰囲気に仕上げられている。



今回公開された量産モデルは、本来ジュネーヴ・モーターショーで公開される予定だったが、開催中止となったためオンラインでの発表となった。そして、公開された姿はプロトタイプと大きな違いはみられないものの、リアデザインを中心に若干シャープでアグレッシブになった印象は見受けられる。ボディカラーはメタリック系のグリーンで、"20"のレタリングが入っている。



なお、GT-R 50の国内販売は日産ではなく、エスシーアイ株式会社(VTホールディングス内)が輸入販売を担当する。50台限定生産で、まだ数台販売しているとのこと。注文した人々は、オリジナルのGT-R 50をカスタムして世界に一台のGT-R 50を手に入れることができるのだ。

https://www.gt-r50.nissan/#/jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事