2000本の限定生産 ルイ13世の誕生を祝うタイムコレクション第二弾  

ルイ13世の誕生を祝うタイムコレクションの第二弾として、パリ造幣局とフランスの老舗クリスタルグラスメーカー「サン・ルイ」とのコラボレーションを行った新作を発表した。ルイ13世の生みの親であるポール・エミール・レミー・マルタンは、パリ万国博覧会の審査員として精力的に活動していた人物で、1900年に開催されたパリ万国博覧会にて、彼の最高傑作であるルイ13世を出展した。すると、見事最高の賞を受賞したという。そのストーリーから、第二弾の新作は、1900年にパリで開催された万国博覧会に敬意を表したコンセプトが採用されたのだ。


 
デキャンタは、1569年の「ジャルナックの戦い」跡地で見つかったフラスクにヒントを得たルイ13世誕生時の原型を元にしたもの。デキャンタのボディにデザインされる特徴的な波型のスパイクは、通常モデルでは10個のところ、13個施され、ストッパーは上を向いたデキャンタの形にデザインされている。また、18金のシャンパーニュゴールドで彩られたエレガントなネックとフルール・ド・リス、そして中央にはメダルのデザインがあしらわれており、通常モデルよりもさらに華やかな印象を感じる。もちろん、ボトルにはシリアルナンバーが刻まれている。



さらに、パリ造幣局のスペシャル・ワークショップで特別に鋳造され、デキャンタと同じシリアルナンバーが刻まれた“オリジナルのメダル”もプレゼントされるという。まさに永遠に残るコレクターズ・ピースである。

ルイ13世 タイム・コレクション2 光の都 パリ-1900
 アルコール度数:40%
 容量:700ml
 希望小売価格:765,000円(税別)
 発売日:2020年7月1日(水)

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事