リシャール・ミルよりナダルモデルの最新作登場

二人の男が抱くそれぞれの夢。それは時間の限界を、あるいはパフォーマンスの限界を押し広げるという夢。一人はクレーコートでボールを追い、もう一人は時間そのものに心を弾ませる。二人はともに、技術、バランス、正確さを駆使しながら、大きな困難、そしてスポーツ人生では不可避な衝撃に立ち向かっている。

「制御不能」という言葉ほどリシャール・ミルと彼のチームの精神を的確に表した言葉はない、ラファエル・ナダルはそう話す。不可能を可能にすること。過去10年間、ブランドはこの言葉を合言葉に掲げながら、ラファエル・ナダルが世界のテニスコートで着用するためのユニークなタイムピースを設計してきた。二人のパートナーシップから誕生した最新作のRM 27-04においても、この黄金律はしっかり守られている。

RM 27-04は、ストラップを含めて30gという軽量設計と驚異的な耐久性が両立されている。ケース内に吊り下げられたトゥールビヨンキャリバーは、12,000G以上の加速にも耐えることができ、リシャール・ミルの新記録を樹立している。ムーブメント全体を支えているのは、マイクロブラスト加工が施され、表面積が855mmしかないメッシュ。直径0.27mmの編上げスティールケーブル1本のみから構成され、PVD処理を施した5Nゴールド製の2つのテンショナーで固定するという、時計製造の世界では前例のない構造となっている。



テニスラケットのストリングと同じ原理にヒントを得た時計職人は、まずスティールケーブルを5時位置のテンショナーに固定し、その後、縦糸を張ってから横糸を加えてメッシュを製作した。縦糸の上下にケーブルを編み込み、グレード5チタン製ベゼルの穴に38回通過させてから、10時位置のテンショナーに固定する。斜めに配置された自動巻きムーブメントにメッシュを取り付ける際には、地板の裏側から伸び、5NゴールドPVD処理とポリッシュ仕上げが施された5つのグレード5チタン製フックを利用する。

特徴はメッシュだけではない。サンドブラスト加工とポリッシュ仕上げが表面に施されたこのケースは、独自の素材TitaCarb®を採用した点でも革新的だ。高性能ポリアミドであるこの素材は、カーボンファイバーを38.5%含有することで強化。カーボンを加えたことにより、TitaCarb®は370MPa(3,700 kg/cm2)もの引張強度を実現しており、世界最高水準の耐久性をもつポリマーとなっている。

スペイン人チャンピオンのラファエル・ナダルにはいくつものコレクションが制作されてきたが、今回の新モデルもその系譜に連なっている。本モデルはラファエル・ナダルとリシャール・ミルのパートナーシップ10周年を祝うなど、様々な意味で特別なモデルといえる。全仏オープンで12回の優勝経験を持つ王者と、自身の名を冠したブランドの創設者。当初は純粋にプロフェッショナルとしての関係を築いていた二人だったが、そのコラボレーションは次第に確固たる友情へと発展した。ラファエル・ナダルが「とても特別な絆」と呼ぶ二人の友情は、お互いのキャリアに対する信頼と賞賛の念により常に深まり続けている。

RM 27-04は「ラファ」のコート上の新たな味方であり、ミドルケースには彼の愛称が刻印されている。50本限定モデルとなるこのウォッチが、新たなトロフィー獲得を目指すラファエル・ナダルを支えていく。

RECOMMENDEDおすすめの記事