レッド カーペット コレクションにおける時計の傑作 ショパールのジュエリーウォッチ マガリ

カンヌ国際映画祭とのオフィシャルパートナーシップの一環として、ショパールが毎年発表している象徴的な「レッド カーペット コレクション」73点のジュエリーのひとつにラインナップされた、自動巻きムーブメントを搭載するジュエリーウォッチ マガリは、地球が生み出した崇高なダイヤモンドに対するメゾンの愛情を鮮やかに示していく。

ショパールの創意を司り、“サステナブル・ラグジュアリーへの旅”を推進するショパール共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレは、新作のレッド カーペット コレクションを通して自然の神秘的な傑作を称える。2020年に開催が予定されていた第73回カンヌ国際映画祭にオマージュを捧げる、73点のハイジュエリーピースに名を連ねたジュエリーウォッチ マガリは、傑出したプレシャスストーンにスポットライトを当てている。

ジュネーヴを拠点とするメゾンのアトリエのアルチザンたちは、時計とジュエリーの類稀なノウハウを駆使し、パワーリザーブ40時間を備える自動巻きムーブメントを搭載したこのタイムピースに、合計32カラット以上のペアシェイプダイヤモンドを使用した繊細なカローラ(花冠)で彩っている。2カラットのファンシーピンクとファンシーブルーのペアシェイプダイヤモンドが、それぞれ12時位置と6時位置に配され、気品溢れる崇高なオーラを美しく演出。その輝きと独特のカラーから特別にセレクトされたこれらのダイヤモンドは、このジュエリーウォッチにあしらわれたホワイトダイヤモンドと美しく調和する。



文字盤には緻密なマイクロセッティングが施されているのに対し、ブレスレットはパヴェダイヤモンドで覆われ、手首に沿って流れるきらきらと光り輝く川をイメージさせる。自然美へのオマージュ、そして光とのダイアローグを物語るこのタイムピースは、ショパールのコミットメントである「持続可能なラグジュアリー」を反映すべく、18Kエシカルホワイトゴールドで製造される。

レッド カーペット コレクション 2020-2/9ジュネーヴのアトリエでは、30人以上の才能溢れるアルチザンたちが、直線から立体的に、ゴールドからプレシャスストーンの加工に至るまで、それぞれの才能を結集して限界を押し広げ、この名高いコレクションのジュエリーに息吹を吹き込んでいる。

RECOMMENDEDおすすめの記事