2022年末オープン予定 アジア初の会員制ドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB」

2022年末、千葉県南房総市にアジア初となる本格的な会員制ドライビングクラブが誕生する。それを手掛けるのは、1861年に創業し、1964年の自動車取り扱い開始からモータリゼーションの発展と共に成長してきたコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドである。100万㎡もの土地に一体どのような場が誕生するのであろうか。その大プロジェクトの全貌を覗いてみた。

フェラーリ、ロールス・ロイス、ベントレー、ランボルギーニ、そしてポルシェと、高級車販売で知られるコーンズ・グループ。母体であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドが、千葉県の南房総市に会員制のドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB (ザ・マガリガワ・クラブ)」を開業することになった。都内からのアクセスは約1時間。その移動間にも内房の美しい景色を見ながらのドライブが楽しめる。

完成をイメージしたシミュレーターでのコースを走り抜けている際の美しい画像。自然が豊かに残されているため、四季折々の景色を楽しみながら走ることができる。なお、走行可能車両にメーカーの制限はない。

 
開業予定は現在の段階で2022年末、この施設の中心となるのは、もちろん年々性能を上げ、オンロードではその秘められたパフォーマンス=真価をフルに楽しむことなど不可能になりつつある愛車を、オーナー自身によって満足のいくまでドライブしてもらえるドライビングコースだ。 

1周約3.5kmのこのコースを「THE MAGARIGAWA CLUB」でサーキットと呼ばないのは、それがレース用のコースではなく、純粋にドライビングを楽しむためのコースだというコンセプトによる。最大300台規模の長期保管ガレージを設けたのも、常に車も身体もベストコンディションでの走りを楽しんでもらうためという考えからなのだろう。ピットビルディングは最大36台の使用が可能。エアコンを完備するほか、ガス・ステーション、専属のメカニックによる走行前後のメンテナンスが行われる。

パドック周辺のジオラマを俯瞰して見た一枚。こちらの写真ではお伝えできないが、ピットビルディング内もシームレスなデザインとなっており、他にはないエクスクルーシブな雰囲気が漂うピットとなる予定である。

 
このプロジェクトの始まりは、同社の代表取締役社長 渡謙作氏が、南スペインにあるプライベート・サーキット「アスカリ」を訪問したことにあった。サーキットにはもちろん何回も足を運んだことのある氏ではあったが、レストランや宿泊施設など、ドライバーだけではなく、その家族にも多くの楽しみを与えてくれるこのような施設が日本にあったらどれだけ魅力的か。

ヘアピンカーブの前後には約800mのストレートがあり、公道ではできないような全力の踏み込みをすることができる。"性能の高い車を持っていても、それを発揮できる場所がない"という、日本では特に多いオーナーのフラストレーションがここで解消されるのだ。

 
アスカリは最寄りの地方空港から3時間近くかかる立地。東京からなら、もっと早くアクセスできる土地はまだあるに違いない。氏の「土地探し」は5~6年にも及んだという。

こちらは2020年11月時点の建設現場にて。この撮影場所は頂上ではないものの、晴れていれば富士山と東京湾を望むことができる。

 
結果的に見つけることのできた、満足のいく土地は、千葉県南房総市の山林だった。ここに100万㎡の土地を入手したものの、実際に開拓できるのは30万㎡強。残りは残森林としてそのまま残さなければならない規則で、希少動植物の移動も工事の前に行わなければならなかった。だがその努力のおかげで、完成すれば素晴らしい自然の中を走り抜けることができるドライビングコースの魅力を満喫することができるのだ。

文:山崎元裕 写真:コーンズ、佐藤亮太 Words:Motohiro YAMAZAKI Photography:Cornes , Ryota SATO

RECOMMENDEDおすすめの記事