待望の新型ポルシェ911GT3がデビュー!日常の使用にも最適なスポーツカー

Porsche AG

ポルシェAGは、ポルシェモータースポーツと緊密に協力して開発された第7世代高性能スポーツカーのニュー911GT3を発表した。フロントアクスルのダブルウィッシュボーンレイアウトや、成功を収めたGTレーシングカー、911RSR由来のスワンネック型リアウイングと印象的なディフューザーを備えた高性能エアロダイナミクスなど、これまで以上に純粋なレーステクノロジーを市販モデルに移行したモデルとなっている。

911GT3Rのドライブトレインをベースにする375kW(510PS)の4リッター水平対向6気筒エンジンは、耐久レースですでにその実力が証明されており、印象的なサウンドを誇るこの高回転エンジンは新型911GT3カップにもほぼ変更を加えずに使用されている。その結果、素晴らしいドライビングマシンが生まれたのである。効率的でエモーショナル、精確で高性能なこのモデルはサーキットにおいて完璧ながら日常の使用にも最適だ。



911GT3の際立ったメリットは、特性の総和にある。最高速度は320km/h(PDK仕様車:318km/h)で、先代の911GT3RSよりもさらに高速だ。また、静止状態から100km/hまで3.4秒で加速しする。ポルシェは、特に純粋なドライビングエクスペリエンスのために、6段マニュアルトランスミッションも提供している。モータースポーツから得られた経験に基づく高性能なエアロダイナミクスは、空気抵抗係数に目立った影響を与えることなく、非常に大きなダウンフォースを生み出す。パフォーマンスポジションでは、手動で設定されるウイングとディフューザーエレメントが、高速コーナリングに有効な空力を大幅に高める。



伝統的にポルシェの全てのスポーツカーのベンチマークを設定してきたニュルブルクリンクのノルドシュライフェにおいて新型911GT3は、自然吸気エンジンを搭載した市販モデルとして初めてラップタイムが7分を切った。開発ドライバーのラース・ケルンは、20.8kmのフルラップをわずか6分59秒927で走破し、かつてベンチマークとして使用されていた20.6kmのコースでは6分55秒2を記録した。ポルシェブランドアンバサダーのヨルグ・ベルグマイスターは、オプションのミシュランパイロットスポーツCup2Rタイヤを装着したニューモデルのステアリングを握り、数周にわたってその性能を存分に発揮した。経験豊富なプロドライバーであるベルグマイスターは、「これまでグリーンヘルを走ってきた中でも、群を抜いた最高のプロダクションカーだ」と述べている。



なお、日本仕様の価格発表および予約受注開始は、4月頃を予定している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事