ポルシェの名車が教えてくれる異文化の旅 in 中国・雲南省

Porsche AG

美しい伝統、文化、棚田があることからユネスコ世界遺産に登録されているものの、海抜2000メートルの場所に位置していることもあり、その場所をよく知る人は多くない。世界が新型コロナウイルスの影響を受ける前、ポルシェ博物館は中国南西部にポルシェの歴史的名車たちを送り、かの地の魅惑的な文化の足跡をたどる旅が始まった。




急な斜面を霧が覆い、ツフェンハウゼンからはるばるやってきた名車たちを神秘的なベールが包む。中国南西部に位置する雲南省は、4700万人以上の人口を有し、面積は40万平方キロメートル以上と日本の面積よりも広い。ラオス、ベトナム、ミャンマーの国境に接しており、雪に覆われた山頂やカルスト山、石灰岩の崖やジャングル、火山など文化的にも地理的にも多様性溢れる土地だ。



ハニ族との出会い

ツアー初日、参加者であるアジア人ジャーナリストたちは、中華人民共和国で公式に承認されている約50の少数民族のうちのひとつであるハニ族のコミュニティに向かった。彼らは竹、木、粘土などの天然素材で建てられたキノコ型の家に住んでおり、屋根は藁で覆われているため、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごせる。雲南省南部で生活していた彼らの先祖は、約1300年前にアイラオ山脈の急斜面を切り開き、棚田を作り始めた。斜面にびっしりと連なる棚田は光の反射で様々な色を織り成し、息を呑むような絶景である。



ハニ族の人々は今日に及ぶまで、長い間伝統を大切に継承してきた。かつてハニ族が生み出した竹と小さな溝を利用した灌漑技術や水稲耕作法は何世紀にも渡って受け継がれ、今でも自然と共生し調和した生活を送っている。そのような素晴らしい伝統が評価され、2013年には紅河にあるハニ族の棚田はユネスコの世界遺産にも登録された。

ナショナルジオグラフィックトラベラーのリ・シュウ氏が、ユネスコの無形文化遺産にも登録されたハニ族の歓迎歌について教えてくれた。険しい山々で生活を送る彼らが生きるためには、コミュニティの結束が必要不可欠だ。そのためこの歓迎歌は「戦争」という言葉が存在しない言語で書かれている。このように雲南省はユニークさに富んだ土地であり、シュウ氏にとってもカラフルなポルシェたちはこの土地を旅するのにうってつけの乗り物であった。

「個人的には、この旅のキーポイントは歴史的名車と伝統的慣習をうまく織り交ぜるというコンセプトにあると思います」

とシュウ氏は話す。


北西部の山岳地帯を流れる三江併流など、この地域には多くの世界遺産が存在する。長江、メコン川、サルウィン川は合流することなく、6,000メートルの氷河に覆われた山脈を越えて深い峡谷を南北に300km以上流れている。さらに南東約500kmに位置する麗江には、1997年にユネスコの世界遺産に登録された魅惑的な旧市街がある。曲がりくねった路地や、伝統的な木造家屋、小川や運河にかかる350もの橋、少数民族のひとつであるナクシ族の文化を表す精巧な彫刻で作られたドアパネルなど、魅力的な伝統や文化が詰まっている。



昆明、「永遠の春の街」

一方で雲南省の省都は数百万人が暮らす大都市だ。昆明は、雲南省東部高原の海抜1,892mに位置し、省で最大の淡水湖であるテン池に沿って広がっている。比較的温暖な気候のため、昆明は「永遠の泉の街」としても知られている。また中国で最大の花の生産地であり、主にツツジ、ラン、サクラソウで知られている。機械工学、電気工学、および銅生産を含む冶金学は、農業に並ぶ主要産業だ。

少し視線を上にあげると、屋根にソーラーヒーティングシステムが設置されていることに気がつくだろう。彼らは最新のソーラーヒーティングシステムを導入し、生活で利用するお湯の最大3分の2をそれでまかなっている。

市の中心部にはグリーンレイクパークという50ヘクタール以上の大きな都市公園があり、伝統的なスタイルの4本の橋が湖にかかっている。この公園内の湖はもともとは街の貯水池だったが、整備され公演となり、今では散歩、音楽、リラクゼーションの場として市民に親しまれている。




文化の保存、解放、伝承。それが今回の旅におけるポルシェの使命だ。ポルシェは今や世界中に広がる独自の自動車文化を生み出してきた。

「ポルシェの成功の秘訣には文化的遺産に常に大きな重みを加えることにあると思います」

とライ・ユー氏は語る。

この旅ではポルシェ356 B 1600 スーパー90 クーペと、4台の歴代911、合わせて5台のポルシェが中国の南端を横断した。参加者のキウイ・チョウ氏はこう話す。「段々畑に囲まれた長い道を、雲南の風景と見事に調和する色あざやかなポルシェで走り抜ける快感はとても言葉では言い表せません」

特に印象的だったのは、ココ・タン氏がハニ族の伝統的な暮らしが垣間見える美しい風景を見せてくれたことだ。雲南バインツリーツーリズムのマネージングディレクターであるタン氏は、ハニ族の文化を保護する活動を行なっている。彼女は雲南省出身で、ニューヨークで働いた後アフリカに行き、そこでテントシティに出会い、自宅にテントを張ったホテルを開業という経歴を持つ。

タンはツアーの参加者たちにハニ族にとってサステナビリティ(持続維持可能性)がいかに重要か、どのようにしてテントホテルで大衆観光産業を超えていくか、いかにして旅行者がそこに行った痕跡を残さずに帰ってこれるかについて語った。文化と環境に常に配慮しているタン氏はそのような旅を「自然の歴史的ルーツを持ったエコツーリズム」と呼ぶ。これは人間は自然から独立して存在することはできず、自然が最高の知恵の根源であるとい中国の道教の教えに基づいている。

旅の最後にタン氏は参加者たちに遠くを見るように促した。そこには45,000もの棚田が雲の海に包まれ、絵画のように美しい光景が広がっていた。


文化を育む手段としての旅


文化を育む手段としての旅とは、集中的な経験、価値の保存、活きる伝統との交流を意味する。参加者は竹織りの技術を学び、夕食用に魚を捕り、伝統的な技術と竹製の道具を使ってお粥を作る。しかしこの旅において最も大切なことは、彼らがジャーナリストとして自分の経験、つまり異文化空間での出会いを世界にシェアするということだ。


ヘリテージエクスペリエンス


ポルシェミュージアムは、アイデンティティ、尊敬、文化的感受性などのトピックに焦点を当てた革新的なプログラムを提供する。プログラムの目的は、異文化を体験しそこから何か新しいものを学ぶことだ。今回のプログラムでは参加したジャーナリストたちは歴史と文化を忘れがたいほど深く洞察した。

このようにポルシェのヘリテージ部門は文化的多様性の理解を深めることによって、ポルシェの起源への理解をも深める機会を提供してくれる。

プログラムの第2弾は、2021年10月中旬にアメリカで実施される予定だ。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事