アイヴァンの旗艦店「EYEVAN Tokyo Gallery 」がオープン

2021年3月19日(金)、東京青山の骨董通りにEYEVANの旗艦店が開店する。EYEVANは社名を冠した自社ブランドとして1972年にスタートした。当時、視力矯正器具としてネガティブなイメージが大きかった眼鏡を、ファッションアイテムとしてTPOに合わせて楽しんでほしいという思いから「着る眼鏡」というコンセプトを打ち出した。

世界中のヴィンテージアイウエアからインスパイアされた、美しく独創的で高品質なアイウエアは、その後数々のブランドのOEM生産を請け負うこととなる。幾度かのブランド休止を経て2018年に再スタート。この度、旗艦店「EYEVAN Tokyo Gallery」の開店に至った。

アメリカで生まれたアイビールックを日本に紹介し、定着させたVANヂャケットと共に誕生したという歴史と、福井の鯖江という眼鏡製造の聖地で生産してきたという日本製へのこだわり。今回の旗艦店ではこれらのEYEVANというブランドの未来を感じさせるようなデザインを試みている。店舗が細長く、窓のない長屋のような形状を生かすため、日本的な要素を取り込みつつモダンなデザインに落とし込んだカリフォルニアのケーススタディの建築家が手がけた町工場、small factory をイメージしている。

木製の天井は大きな建物の一角を占めているように、アーチ形状にすることで連続性を持たせた。床は工場でもよく使われたコンクリートの洗い出し仕上げ。手磨きが工程に入るその仕上げは、鯖江製のセルフレーム製造の工程にも通じる。亜鉛加工されたスチールや、仕切りに使うアセテートなど、眼鏡と共通の素材も使用しながら、銅や真鍮も多用している。それはかつての工房でよく使われた素材であると同時にウィルスに対しての滅菌効果も期待できる現在の暮らしに即したものになっている。

今回の店舗では商品よりむしろディスプレイでのプロップのためのスペースが多く取れるようにデザインした。フレームデザインが生まれた背景や、カルチャーに基づいたものを展示しながらその眼鏡のスタイルにあう服を見せることで、より実際に着用するときのイメージが持ちやすいギャラリーとしての機能を兼ねたEYEVAN Tokyo Galleryという店舗名を具現化した。デザイン監修はTRIPSTERが手掛けている。


EYEVAN Tokyo Gallery
〒107-0062 東京都港区南青山 5-13-2 1F
Tel. 03-3409-1972
OPEN 11:00-20:00/Closed on Tuesday

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事