日本ボート・オブ・ザ・イヤー|2020ナンバー1ボートの栄冠はポーランド製に!

GALEON

第13回となる日本ボート・オブ・ザ・イヤーの発表表彰式が2021年4月15日、ジャパンインターナショナルボートショー2021の会場となる横浜ベイサイドマリーナで執り行われた。この章典は「日本国内で販売されるモーターボート(PWCを含む)の中から、年間を通じてもっとも優秀なボートを選定し、その開発・製造事業者をたたえる事により、いっそうの性能・品質・安全の向上を促すと共に業界発展と地球環境保護、水上安全に寄与する」というもの。選考委員はジャーナリストやメディア関係者、タレントなど26名で構成され、持ち点数配分法で決定する。



日本ボート・オブ・ザ・イヤー2020はポーランド製の新艇「GALEON 460 FLY」に決定。授賞理由は「トレンドの最先端をいく装備を積極的に取り入れ、マリンライフの楽しさを具現化したことが高い」であった。


(仕様)
全長:14.35m 最大幅:4.37m(ビーチモード 5.66m)
軽荷重量:16,000kg 定員:15 名
エンジン:VOLVO D8-600 出力:441kW 2 基
希望小売価格:162,300,000円~(税込)

その他、部門賞は以下。

「日本ボート・オブ・ザ・イヤー2020」部門賞

小型艇部門:SUPREME ZS212 センチュリオンボートジャパン


中型艇部門:Chris Craft Catalina 34 クリス クラフト ジャパン


大型艇部門:GALEON 460 FLY (株)スローボート

PWC部門:MJ-GP1800R SVHO ヤマハ発動機(株)

Best Value部門:SUPREME ZS212 センチュリオンボートジャパン

Best Fun部門:Chris Craft Catalina 34 クリス クラフト ジャパン

Best Fishing部門:EX28C ヤンマー舶用システム(株)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事