大人の夏休みの工作にも!ワーゲンバスがレゴになった

LEGO

「ワーゲンバス」の愛称でおなじみの人気モデルがレゴで登場するという、ワクワクするニュースが届いた。今回発表された「レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー」は、2011年に前身の「フォルクスワーゲン T1 キャンピングカー」を再現したセットである「レゴ クリエイター エキスパート フォルクスワーゲン T1 キャンパーヴァン」の後継モデルとなる。



新しいペイントカラー、スライドドア、トレードマークであるタイプ2のラップアラウンドベイウィンドウ、フロントウィンドシールド、テント付きのポップアップルーフといった特徴を備え、室内にはオープンキャビネット、冷蔵庫、シンク、ティーポット付きのガスコンロなど、キャンピングカーでの旅行に必要なものが一式揃っている。折りたたみ式の椅子や、多くのサーファーに愛されたことを象徴したサーフボードもついており、まさにサーフカルチャーを代表する車の魅力を再現している愛すべきモデルだ。





また、レトロなデカールを含むステッカーセットや、フォルクスワーゲンの本社があるドイツ、またはアメリカ文化の象徴と言われるほど輸出されたアメリカのナンバープレートを選択できるなど、自身の興味に合わせてカスタマイズすることが可能だ。

2,207個のピースで構成される。

レゴグループのデザイナー、スヴェン・フラニックは以下のようにコメントしている。「フォルクスワーゲンのキャンピングカーは、他に類を見ないほど魅力的な車です。このレゴ版は、キャンピングカーに乗ったことのある人やキャンプに行ったことのある人、あるいはキャンピングカーに憧れていた人に、たくさんの楽しみを提供できると思います。フォルクスワーゲンのキャンピングカーは、レゴカーコレクションではおなじみですが、この最新モデルは、レゴビルダーにさらなる喜びをもたらします。細部にまでこだわったインテリアは、ベテランのキャンパーや冒険家を魅了し、ポップアップルーフの付いた目を引く外観は、オリジナル同様にこだわりの結晶であると言えます」

■商品概要
シリーズ・製品名:レゴ フォルクスワーゲン タイプ 2 バス キャンピングカー
サイズ:高さ約15cm×幅 約14cm×長さ 約35cm
希望小売価格:オープン価格
ピース数:2,207個
発売日:2021年8月1日(日)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事