エアレース・パイロット室屋義秀選手とLEXUSが、よりよい社会に向けた未来への挑戦をスタート

LEXUS

「The Air Race World Championship(エアレース世界選手権)」が来年開幕する。その初代世界チャンピオンへの挑戦に向けて、エアレース・パイロット室屋義秀選手が代表を務める株式会社パスファインダーとレクサスが、チームパートナーシップ契約を締結した。



室屋選手とレクサスは、2016年にパーソナルスポンサー契約を締結。レクサスは、戦い続ける姿勢や精神が、人々に勇気を与える存在である室屋選手を応援してきた。2017年には互いに技術研鑽を定期的に行い、航空機と自動車の領域における新しい技術の可能性を模索する「技術交流会」を発足し、相互の協力により技術開発をおこなってきた。

航空機に用いられる空力技術を車に織り込んだ、「LC」特別仕様車“AVIATION”

そして今回、新生エアレース「The Air Race World Championship」が開幕するにあたり、これまで共に培ってきた取り組みをさらに一段加速させるべく、互いが持つ技術やノウハウをよりスピーディーにレース機の開発に繋げ、レースオペレーションも共におこなう、新たなチーム体制「LEXUS/PATHFINDER AIR RACING」を発足することが発表された。



レクサスは、テクニカルコーディネーターを新チームへ派遣し、エアレースに必要とされる空力・冷却・人間工学分野での技術開発と実証など、室屋選手を勝利へと導く、強いチーム体制の構築に向けたサポートをおこなうことになる。そして、「LEXUS/PATHFINDER AIR RACING」は新たなチーム体制のもとで、室屋選手の「新生エアレース初代世界チャンピオン」の実現に挑んでいく。

また、「過酷なエアレースは、人を鍛え、技術を鍛える」という考えのもと、エアレースで培われる技術やノウハウを、互いの領域での「よりよい社会をつくる」という未来に向けたチャレンジにも活かしていくという。

レクサスは、過酷なエアレースを通じて得られる空力・冷却・軽量化の技術やノウハウを活かし、カーボンニュートラル社会の実現に向けた、よりよい車づくりを。そして、室屋選手は、エアレースのみならず、次世代モビリティにつながる人材育成を継続するとともに、福島県と協働する実証フィールド作りを推進。具体的には、ライト・スポーツ・エアクラフト(LSA)の製造サポートを皮切りに、地元企業を巻き込んだ航空機のカーボンニュートラル化に向けたプロジェクトを実行していく。



エアレース・パイロット室屋義秀選手
「LEXUSの強力なサポートのもと、新生エアレース初代王者の獲得に向けて邁進していきます。これまで、約5年に渡って一緒に進めてきた取り組みをさらに深化させ、共に挑戦を続けていきます。ファン、チームクルーが一体となって、ワクワクする新たなストーリーが生まれてくると思います」

Lexus International 佐藤 恒治 President/Chief Branding Officer
「LEXUSは、世界と闘うアスリートである室屋選手と共に、エキサイティングなエアレースに挑戦します。モータースポーツがもたらす感動と笑顔、アスリートから学ぶ感謝の気持ちをエネルギーとして、ブランドホルダーである豊田章男の目指す『モータースポーツを基点としたもっといいクルマづくり』に、新たな視点で取り組んでまいります。挑戦と進化を続ける室屋選手、そして、LEXUSの闘いにぜひご期待下さい」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事