ボートメーカー"リーヴァ"からインスピレーションを得たアバルト695限定車発売

アバルトより、ラグジュアリーボートメーカーであるRiva社とのコラボレーションモデル「アバルト 695/ 695C リヴァーレ」が150台限定で発売された。

アバルトの創設者であるカルロ・アバルト、リーヴァの創設者であるカルロ・リーヴァ。二人は偶然にも同じ名前を持っており、名前だけでなく想像力やパッションにおいても、どちらにも強い思いがあったのだという。そして、現代になりようやく2つのブランドは、プロダクトとしてつながりあうこととなった。

発表されたアバルト 695/ 695C リヴァーレは、その名の通りイタリアのボートブランドである"リーヴァ"の​56フィートのリヴァーレからインスピレーションを受けたモデルだ。ボディーはリーヴァ・セラ・ブルーとシャーク・グレーの2色。アクアマリンのアクセントラインを配色している。また、ブラックに塗装したブレンボ社製の専用ブレーキディスクを採用しており、足回りが引き締まった印象。

IMG_1113.JPG

インテリアでは、インストルメントパネルにリーヴァのプロダクトでもよく使用されるというマホガニーを起用し、ヘッドレットストにモデル名の刺繍があったり、ステアリングにブルーの配色があったりと細かな部分までこだわりが散りばめられている。「洗練されたアバルト」とプレゼンテーションしているように、まさに品格漂う本モデルは、ハッチバックモデルが405万円~、限定85台。コンバーチブルモデルは、422万円~、限定65台。限定生産のため気になる方はお早めにお問い合わせいただきたい。

特設サイトはこちら

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事