アルピーヌ A110に各30台限定の特別な2モデルが登場

Renault Japon

「エレガント&センシュアル」のデザインコンセプトを全長4,200mmのコンパクトボディに表現し、かつアルピーヌのDNAを強く訴えながら現代的なエクステリアデザインに仕上げられたアルピーヌ新型A110。そのバランスの良い乗り心地もあり、大きな人気を集めた。



そして、新たに限定車2モデルが発売される。スポーティなブラック、そしてフレンチエレガンスが際立つ深いブルーのふたつのボディカラー、アルピーヌ A110 ノワールとアルピーヌ A110 ブルー アビスだ。ブラックのボディカラーにブラックの内装を組み合わせ、スポーティなシルエットをいっそう精悍にアグレッシブに際立たせたノワールと、深い海をイメージさせるブルーがスポーティさの中に気品あるフレンチエレガンスを感じさせるアビス。



2つの個性的なモデルは、各30台限定で全国14店舗のアルピーヌ正規販売店で販売される。アルピーヌ A110 ノワールは 6月6日(木)から、アルピーヌ A110 ブルー アビスは 8月下旬から購入の申込みを受け付け、申込み多数の場合は抽選による販売。

アルピーヌ A110 ノワール専用装備
ボディカラー: ノワール プロフォン M
Sabelt 製スポーツシート(ブラックレザー)

アルピーヌ A110 ブルー アビス専用装備
ボディカラー: ブルー アビス M
18 インチアロイホイール“SERAC”(ブラック)
両モデルとも、諸元はアルピーヌ A110 リネージと共通。

https://www.renault.jp/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事