舞台をイタリアからアメリカへ│世界一美しいラリー ミッレミリアのウォームアップ版?

1000 Miglia

「世界一美しいクラシックカーラリー」と言われるミッレミリアを小規模で行うアメリカ版、「1000 Miglia ウォームアップ USA 2018」の成功を受け、ワシントンDCのイタリア大使館とパートナーシップを組み2019年も開催されることとなった。

今年は10月23日(水)から26日(土)まで開催され、1日目はウォームアップレースが行われる。ここでは、1000 Migliaのインストラクターの指導のもと、レギュラリティーレースのトレーニングやサーキット走行へ挑戦することができる。2日目にはミドルバーグからスタートし、ヴァージニアを通過、26日にはワシントンDCへゴールという計500マイルのラリールートが設定されている。ルールは基本的に、本場ミッレミリアのものに沿い開催されるため、本場の雰囲気を感じることができるのだ。



40台の参加車両は、1927年から1957年に製造され、当時実際にミッレミリアへ出場することができた車を対象とするミッレミリアクラスと、1958年以降に製造されたスポーツカー、GTカー、スーパーカーを対象とするポストミッレミリアクラスの2つに分けられる。参加者については初心者とベテランに分けられ、2013年より2回以上ミッレミリアに出場経験があればベテランクラスに分類される。



また、このウォームアップで2020年に開催されるミッレミリアへの出場権が4台分に与えられるため、それを獲得できるように競い合うのだ。これは初心者クラスとベテランクラス、半分ずつ授与される。

「1000 Miglia ウォームアップ USA 2019」のエントリーは2019年9月9日まで受付中。

詳しくはこちら

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事