グッドイヤー、タイヤ性能の向上を求めて50年の時を経て再び宇宙へ

グッドイヤーは、今月より開始される国際宇宙ステーション(ISS)における米国国立研究所のプロジェクトに参画すると発表した。タイヤ性能の向上を目的に、宇宙空間でタイヤコンポーネント実験を実施する。

7月21日に予定しているスペースX社の18回目の打ち上げ計画(SpaceX CRS-18)において、グッドイヤーの実験器具を搭載したロケットが月に向けて出発。グッドイヤーは、宇宙ステーションでの微小重力状態のもと、消費財タイヤに使用される一般的な材料であるシリカ粒子の形成に関する研究を実施する。

その中で、グッドイヤーのエンジニアと科学者は協力し、特異構造を持つ沈降シリカが、タイヤの性能を向上させることに寄与するかどうかの実験を行うとのこと。

グッドイヤー・チーフ・テクノロジー・オフィサーを務めるクリス・ヘルセルは、こうコメント。「グッドイヤーのタイヤはかつて、月に降り立ち、地球に帰還しました。その経験と知見により、グッドイヤーは消費財タイヤの性能を新たなレベルに引き上げました。月面探査は多くの技術革新をもたらすためのインスピレーションとなったのです。我々グッドイヤーは、かつてのアポロ計画とともに今回の打ち上げ計画にも参画できることを、大変誇りに思っています」

1969年7月、グッドイヤーはアポロ11号のミッションに欠かせない製品を供給した歴史を持つ。ロケットが発射台の上を移動する際に使用された制動システムや、エンジン内で窒素、酸素および水素を循環させるのを助ける「パージ アンド コンディショニング(purge and conditioning)システム」はグッドイヤーが提供したものであったのだ。

さらに、宇宙船の着陸装置が取り付けられたパネルや司令室の窓枠もグッドイヤー製であった。アポロ11号が地球への帰還のため海に着陸した際、カプセルはグッドイヤー製の浮き輪によって直立が保たれ、宇宙飛行士は救命ボートに潜り込むことができた。また、この後、月面で宇宙飛行士たちは撮影機材、掘削機材、月面から採取した岩を入れた35個の袋をカートに載せて運んだが、このカートに使われた16インチのタイヤは、多くのグッドイヤー社員が携わったプロジェクトによって開発された。

今年、グッドイヤーの宇宙での評価は、ISS米国国立研究所*との協約のもと実施される。今回、国際宇宙ステーションでは微小重力状態のもと、グッドイヤーが準備したシリカ実験が行われるが、それと同時刻に、地球上でもグッドイヤーの研究所において、同様の実験が実施される。また、宇宙ステーションで得られた実験結果はそのまま凍結され、地球に持ち帰られる。これにより、後に行われる地球上と宇宙空間における実験結果の比較研究が可能になるのだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事