オーデマ・ピゲの歴史を辿っていく展覧会開催

オーデマ・ピゲの展覧会「時計以上の何か」が、2019年10月19日(土)から11月4日(月)まで東京ミッドタウンにて開催される。

本展覧会では、革新的なオーデマ・ピゲの時計を作り出す職人たちの技術やストーリーを紹介していく。会場には、フランス人デザイナーのマティユー・ルアヌールの着想をもとに、写真家・ダン・ホールズワースや池田亮司、アレクサンドル・ジョリーらのアート作品が並ぶ。時計とは違う世界のようにも思えるコンテンポラリーアートやデザインを通して、時計が持つ深さや複雑さを表現する。



オーデマ・ピゲ・ヘリテージコレクションから厳選された、ヴィンテージウォッチや、現行モデルまで150本以上の時計を展示し、創業から144年以上続くオーデマ ピゲの歴史を辿っていく。時計のフォルムを彷彿とさせるブロンズのリング状の展示スペースには12の部屋が設けられ、数々の世界初の記録など、オーデマ ピゲの節目を展示。中でも、1875年にジュール=ルイ・オーデマの時計学校の卒業制作でつくられた懐中時計や、アストロノミカルなどの複雑機構を搭載した貴重なモデルの数々は、是非ご覧いただきたい。

【詳細】
オーデマ ピゲ 展覧会「時計以上の何か」
会期:2019年10月19日(土)~11月4日(月)
場所:東京ミッドタウン 芝生広場
住所:東京都港区赤坂9-7-1
入場料: 無料



オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事