「Nissan GT-R50 by Italdesign」市販モデルの納車開始予定は?

Nissan

日産がイタルデザインと共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の限定市販モデルの納車を2020年後半から開始すると発表した。

イタルデザインはジョルジェット・ジウジアーロが率いるイタリアのデザイン会社のひとつである。ジウジアーロは自動車デザインの歴史において、マルチェロ・ガンディーニなどの鬼才と並び欠かすことのできない存在だ。彼が手がけた作品の中には、アルファロメオ・イグアナやマセラティ・ブーメランなどのショーカーをはじめ、ランチア・デルタやデロリアンなどの市販車も多くラインナップする。



そして今回発表された「Nissan GT-R50 by Italdesign」の限定市販モデルは、来年3月に開催されるジュネーブ国際モーターショーのイタルデザインのブースに展示される。また、日本においてはプロトタイプが12月8日(日)に開催される「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2019」に展示され、その後は銀座にある「NISSAN CROSSING」、来年1月には東京オートサロンでも展示される。



「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念して共同開発したモデル。最新のGT-R NISMOをベースとし、ニスモで組み立てられた最高出力720psを発生する3.8リッターV6 VR38DETTエンジンを搭載し、これから各市場における認可手続きを経た後、2020年後半から2021年末に納車される予定となっている。



世界中のユーザーから非常に強い関心が寄せられており、予約したオーナーからは好みにあわせた仕様の選定がすでにはじまっている。市販モデルは50台が限定生産され、予約枠は残りわずかだそう。

日産のスポーツカー担当プログラム・ダイレクターのボブ・レイシュリーは、「ハイパフォーマンスカーを少量生産でテーラーメイドしていくイタルデザインとの本プロジェクトが提供するパーソナライズされた素晴らしい体験を私たちのお客さまは満喫しています。『Nissan GT-R50 by Italdesign』は、一台一台がそれぞれ最高傑作になることでしょう」と語った。


www.GT-R50.nissan

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事