銀座四丁目の和光に「世界に一つだけのからくり時計」展示

セイコークロック製の「からくり時計 セイコー 輪舞(ロンド)」が、12月18日より和光本館(東京都中央区銀座四丁目)に設置される。

人形たちに導かれ、4つの歯車が次々と冒険に出発。ハンマーの波をかいくぐり、振り子の森を走り抜け、鳩時計をモチーフにした扉に到着したらパフォーマンスの始まり。文字板の花が開き、時間を知らせる。
 
「からくり時計 セイコー 輪舞(ロンド)」の演出テーマは、「歯車たちの冒険」だ。銀座・四丁目交差点に面した和光 本館1階の西側入口ホールに設置され、和光の営業開始時(午前10時30分)、および営業時間中の毎正時(午前11時00分~午後7時00分)の約1分前に、ファンファーレとともに指揮者役の人形が登場し、その後、合計7体の人形たちがレバーを回して歯車を導く。


4個の歯車が順番にレールの上に乗り、昔ながらの機械式時計のメカニズムをイメージした、ハンマーや振り子、重錘の仕掛けの脇を次々と走り抜けて行く。1個目の歯車が、鳩時計をモチーフにした中央の扉から時計内部に収納されるタイミングが、和光開店の10時30分、及び毎正時となるよう設計されており、それと同時に、セイコークロックの家庭用からくり時計でもお馴染みの6枚羽の文字板がゆっくりと開き、華やかに時の訪れを告げてくれる。また、「からくり時計 セイコー 輪舞(ロンド)」の重錘部分、及びフレーム部分の飾りガラスは、屈折率が極めて低く透明度の高い、株式会社オハラの光学ガラスが使用されている。

訪問者数が年々増加し、国際都市・東京への注目がますます高まる中、セイコー創業の地であり、また和光が拠点を置く「銀座」の魅力をより一層高め、SEIKOブランドをこれまで以上にアピールすべく、セイコーグループのスローガンである「時代とハートを動かすセイコー」を体験できる「からくり時計 セイコー 輪舞(ロンド)」を設置することにしたという。

東京・銀座のシンボルとして馴染みのある和光本館において、子供連れの家族にも楽しんでいただける、新しいアトラクションとなるであろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事