40年以上で走行距離は3万キロ!未レストアでピカピカのダットサン 240Zがオークションに

Bring a Trailer

日本が誇る名車のひとつに、ダットサン 240Z(北米仕様のフェアレディ Z240)がある。価格を抑えながらも、十分な性能とパワー、そしてそのボディスタイルの美しさから世界中で人気を集めている1台だ。北米仕様であるダットサン 240Zは1969年より生産されてきたこともあり、現存している車両については多少なりともレストアされていることがほとんどだ。そんな中、アメリカの車オークション専門サイトで未レストアで新車同然のようなコンディションの1台が出品されている。

すべての写真を見る



この車のストーリーとしては、インディアナ州にあったダットサンディーラーを営んでいた人物が息子の卒業祝いにプレゼントしたものだったが、あまり走らせることはなかったのだそう。車に興味がなく走らせていなかったというわけではなく、大切にしていたが故のことだそうだ。昨年、オーナーが亡くなるまでディーラーのスタッフがずっとこまめなメンテナンスをしていたためこのように素晴らしいコンディションを保っているのである。



その走行距離はわずか2万1750マイル(約3万キロ)で、晴れの日以外は決して外に出していなかった。もちろん、レーシンググリーンカラーも純正で、3スポークのステアリング、キャブレター、ホース類、フロアマットなどもすべてオリジナル。また、ドキュメント類もすべて揃っており、いかに宝物のように扱われてきたのかが伺える。



出品するにあたり、タイヤ交換、オイル交換も行われたためさらにベストなコンディションとなっている。1月21日現在(残り9日)の価格は6万5000ドル。最終的にはどれほどの価格が付けられるのであろうか、楽しみである。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事