完全無欠を貫く孤高のマシン│トライアンフ Bonneville Bobber TFC 発売

トライアンフモーターサイクルズジャパンが、Bonneville Bobber TFCの発売を発表した。

2017年に発売されたトライアンフの美しく革新的なBobberは、まったく新しいクラシックサブカテゴリーを創造し、比類のない信頼性とハンドクラフトカスタムスタイル、見事なエンジニアリングで、新たな熱狂的ファンを開拓した。

新型Bobber TFC は、三代目になるまったく新しいトライアンフファクトリーカスタムモデルで、プレミアムでユニークなTFCと最新テクノロジーによる高性能1200ccハイトルクエンジン、より軽量でハイスペックなシャーシを、独自の高品質カスタム仕上げとディテールで実現している。



特徴としては、BobberおよびBobber Blackよりも10psアップしたピークパワーと4Nm大きいピークトルク、Bobberより約5kg軽量、カーボンファイバー製エンドキャップ付きアローブラッシュサイレンサー、ブレンボ製M50 ダブルモノブロックブレーキキャリパーの採用などが挙げられる。



世界限定750台の販売で、シリアルナンバー入りプラークとユニークなバッジ、Bobber TFC 特別ハンドオーバーパック等が付属する。

発売は2020年3月27日からで、価格は238万9000円(税込)。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事