ジープ グランドチェロキーとコンパスに限定モデルトレイルホークが登場

FCA

ジープ・グランドチェロキーとコンパクトSUVのジープ・コンパスに、高いオフロード性能と洗練された内外装を追求した限定車 トレイルホークが登場。ダークカラーを基調とする専用エクステリアパーツやアルミホイール、上質な専用シートなどにより、内外装をスタイリッシュに演出するとともに、オフロード性能をさらに強化した限定車である。

グランドチェロキー・トレイルホークは、機能面では、リアアクスルに電子制御式LSDを採用した「クォドラドライブII 4×4システム」を搭載し、滑りやすい路面でも安定した走行を実現。また、急勾配の登り坂や下り坂を一定の速度で安定して走行できるセレクスピード™コントロールを備え、高い走破性を気軽に引き出すことができる。

フロントグリルやドアミラーカバーにナチュラルグレーのアクセントカラーを採用し、マットブラックのボンネットデカールやピアノブラックのベルトモール、専用18インチアルミホイールにより、精悍な雰囲気に仕立てられている。一方、レッドの牽引フックやTrail Ratedバッヂ、レッドのアクセントカラーをあしらったナチラルグレーのJeepバッジおよびGrand Cherokeeバッヂがアイキャッチとなり、さらに車体を保護するスキッドプレートの視覚効果も相まって、本格オフローダーの血統を感じさせるスタイルが完成している。



一方、インテリアには、レザーとスエードのインサートを組み合わせたRAILHAWKのロゴ入りシートを採用。さらにレッドステッチをあしらったインテリアアクセントが、車内を上質な雰囲気で包み込む。 グランドチェロキー・トレイルホークに設定されるボディカラーは、グラナイトクリスタルメタリックC/C(限定74台)、ダイアモンドブラッククリスタルP/C(限定68台)、ヴェルベットレッドP/C(限定10台)の3色。

そして、コンパス・トレイルホークは、道無き道を極低速で走行する場面で役立つ「Jeep® アクティブドライブロー」を搭載。また急な下りの勾配路を一定の低速で安定して降りられるヒルディセントコントロールも備え、高いオフロード性能を有する。 ダークグレーのアクセント付ブラックグリルやダークグレードアミラー、ダークグレールーフレールなどにより、全体に引き締まった印象でまとめられている。また、レッドのTrail Ratedバッヂが内に秘めた抜群の走破性を物語る。



車体には、フューエルタンクやフロントサスペンション、トランスミッションといった基幹部品を衝撃から保護するスキッドプレートが装着され、タフな印象が強められている。

インテリアは、レザーとファブリックを組み合わせたTRAILHAWKロゴ入りコンビネーションシートを採用。また、レッドステッチ入りのインテリアアクセントが冒険心を演出する。加えて、アウトドアギアなどの積載に便利なリバーシブルカーゴフロアや、ラバーフロアマットにより実用性が高められている。ボディカラーには、通常モデルには設定のないグレーマグネシオメタリックP/C(内装色はブラック)を採用しているのもポイントだ。

2020年4月18日(土)より販売開始で、グランドチェロキー・トレイルホークが152台限定の674万円、コンパス・トレイルホークは100台限定で422万円(税込)。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事