ブライトリング 1957年版スーパーオーシャンにヒントを得た新作発表

ブライトリングは、オリジナルの1957年版スーパーオーシャンからデザインのヒントを得たブライトリング スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクションを発表。このコレクションは、1950年代や60年代のクールで気ままなサーフィン文化も体現しているものだ。

ブライトリングのカプセルコレクションは、期間限定生産モデルのため製造本数には限りがあるが、ウォッチにシリアルナンバーの刻印はない。ブランドにとって、主要なコレクションの歴史に根付いた特別なストーリーを語る機会であり、ブライトリング スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクションのウォッチには当然語るべき独自のストーリーがある。

ブライトリング スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクションは、世界的な真のダイビング・アイコンにユニークなひねりを加味している。サーファーやビーチを愛する人たちを連想する、自由なライフスタイルを具現化したクラシックなダイバーズウォッチを、モダン・レトロに解釈したコレクションなのだ。

ブライトリングのCEOジョージ・カーンは、「この非常にユニークなモデルは限られた期間のみ製造されるものですが、私たちにブランドの最もエキサイティングなストーリーを語らせてくれる存在です。スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクションでは、南カリフォルニアの太陽の下で楽しむ、時代を定義づけた自由闊達な文化にフォーカスしました。1950年代や60年代のサーフィンそのものがこの物語の中心ですが、この時代はそれだけではありませんでした。素敵な音楽、素晴らしい車、そしてどこまでも続く砂浜に存在する自由との精神的ともいえるつながりを感じながら、探し求めた完璧な波がありました」と話した。  



スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクションは、2種類のダイヤルから選ぶことができる。ひとつは、クラシックなブラックのダイヤル、ブラックのヴィンテージ風レザーストラップは穴留め式もしくはフォールディングクラスプ仕様。もうひとつは、ブルーのダイヤル、ブラウンのヴィンテージ風レザーストラップの組み合わせ。尾錠タイプはブラックと同様に2種類を用意。もちろん、どちらもバタフライクラスプ式のステンレススチール製オーシャン クラシック・ブレスレットも選べる。

さらに、18Kレッドゴールドの両方向式回転ベゼルとブラックのセラミック製リングが際立つ、ツートンカラーのバージョンもある。ブラックのダイヤルには、ゴールドブラウンのヴィンテージ風レザーストラップもしくはバタフライクラスプ式のステンレススチール製オーシャン クラシック・ブレスレットを合わせる、印象的なモデルだ。


このモデルのデザイン面での特徴として、凹型ステンレススチール製ベゼルと、超高度な耐擦傷性と耐衝撃性を持つセラミック製ベゼルリングが挙げられる。12時位置の蓄光塗料が施されたドットは、ダイバーズウォッチらしい特徴だろう。スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクションに搭載されているのはブライトリング キャリバー 10のパワーリザーブは約42時間。全てのブライトリングの腕時計と同様、このモデルも精度とパフォーマンスが保証されたCOSC公認クロノメーターである。


http://www.breitling.com

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事