ルイス・ハミルトンの父が所有!│素晴らしいコンディションの18台がオークションに出品される

Silverstone auctions

シルバーストンのオンラインオークションで、F1チャンピオンに6度輝いているルイス・ハミルトンの父であるアンソニー・ハミルトンが所有しているコレクションから、18台の車が出品される。

アンソニー・ハミルトンはトライアンフの愛好家として知られているため、6台が出品されることは決して不思議ではない。さらに、彼が所有するコレクションはどれも素晴らしい状態だという。コンクールで優勝している車もある中で、TR5やトライアンフ イタリアといった非常に珍しいモデルもある。他にも多くのブリティッシュクラシックがラインナップしている。例えば、MGAツインカム、2台のスワロー・ドレッティがある。



コレクションの中で注目されている1台は、2006年 メルセデス・ベンツSLR マクラーレン・クーペだ。ハミルトンは、マクラーレン、メルセデスと強い結びつきを持っているため、この1台が彼のコレクションにあることは驚くに値しないだろう。



インテリアにはブラックのアルカンターラシート、ステッチはレッドが採用されている。2003年から2010年にかけてマクラーレンとメルセデスがコラボレーションした、高級なGTカーである。これは1955年に伝説を残した300SLRへのオマージュであり、6年間の生産の間に2000台以上が生産された。出品されている1台は新車の状態から、1万1000マイルしか刻まれておらずコンディションは良好だ。推定落札価格は17万5000ポンドから20万ポンドとなっている。

また、1960年 トライアンフ TR3Aは非常に細かく修復が行われており、右ハンドルに換装されている。その状態は極めて素晴らしく、オートグリム・ゴールドチャンピオン賞を受賞しているレベルである。推定落札価格は3万5000ポンドから4万ポンド。



シルバーストン・オークションのマネージングディレクターであるニック・ホエールは、次のようにコメント。「今月末に開催されるオークションで、アンソニー・ハミルトンが所有していたコレクションから18台の車を出品できることを大変光栄に思います。そのラインナップは信じられないほど素晴らしく、どれもとてもレベルの高い車です」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事