世界初の3Dウッドパネルを採用│ベントレーの伝統と最新技術

Bentley motors

ベントレーの本社工場では、今もなお職人たちがていねいな手作業をメインに車を作っている。しかし、時代に伴った変化もあり、自動化されたミシンの増加や、最新ロボットの導入も進んでいる。クオリティはそのままに、より速く正確に仕上げていくのだ。

使用される素材も高品質なものに限られている。ウッド素材であるアメリカンウォールナットとアメリカンチェリーの木材は、いずれも北米の広葉樹林から持続可能な方法で調達されている。ベントレーは、木の深さに節や樹脂の混入がない、非常に上質な木材を厳選しているのだ。これらの丸太だけが、魅力的な木目と滑らかな仕上げを提供し、自然な風合いと温かみのある色が、フライングスパーのキャビンを見事に引き立てている。



アメリカンウォールナットとアメリカンチェリーは共に北米で人気のある栽培品種であり 、持続可能な木材の豊富な供給源となっています。アメリカンチェリーの森林は収穫後、毎年700万立方メートル以上増加しており、アメリカンウォールナットは300万立方メートル増加している。アメリカンウォールナットは、世界中の市場で最も人気のある木材のひとつである。ヨーロピアンウォールナットよりも色が濃く、丈夫で硬く、密度も中程度。アメリカンチェリーは、家具や内装材として非常に珍重されており、木の仕上げは、豊かな赤から赤みがかった茶色まで様々となっている。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事